トパーズ 母岩付 パキスタン産 12.3g/鉱物・結晶原石

トパーズ 母岩付 パキスタン産 12.3g/鉱物・結晶原石

型番 TPZ1231SP
SOLD OUT
   

パキスタン産のトパーズの鉱物標本です。

ブラウン〜オレンジのスモーキークォーツを明るくしたような色
黄玉と呼ばれるオレンジ系のトパーズはインペリアルトパーズと呼ばれます。

強い光に当たると奥に赤い輝きが見られます。
表面は木目のような条線と鏡面のようにツルツルの面があります。
トパーズの菱形の自形結晶が表れています。

母岩はクリーブランダイトと言われる曹長石の一種。
ムーンストーンなどと同じ部類で板状の結晶のものを指します。



鉱物名____Topaz with Cleavelandite(黄玉、クリーブランダイト/曹長石)

サイズ____30x26x24mm

重さ_____12.3g

石の処理___ナチュラル

原産地____Dache, Haramosh Mts., Gilgit District(パキスタン)



DSC_0305_20170415084653167.jpg


DSC_0300_20170415084651077.jpg


DSC_0299.jpg


DSC_0282_20170415084648277.jpg


DSC_0296_201704150846494db.jpg





和名を「黄玉」というように、黄色を始めとする多くのカラーを持つ石で、硬度が高く古くから宝飾品として愛用されて来ました。黄色いトパーズが一般的だった日本で、明治時代にブルートパーズが発見され、この時代日本は主要なブルートパーズの産出国だったそうです。ほとんどが海外に流出し、現在流通しているブルートパーズは加熱処理されたものがほとんどです。

トパーズは「探し求める」という意味のギリシャ語のtpazosに由来します。古くはペリドットと混同されていたり、熱処理によって着色されたり、黄色と青色のまったく異なるカラーを持つ石だったり、一筋縄では行かない複雑さを持つ石でもあります。

シトリンとよく似た色のインペリアルトパーズは、シトリンと区別するためにトパーズの中でもオレンジ色のものをインペリアルトパーズと名づけられました。



トパーズの色味が濃く、母岩の長石も羽根のように生えているかわいい一品です。結晶の断面もシャープでクリアな美品ではないでしょうか。

インペリアルトパーズは、成分によって決まりますがこちらは成分検査などしていません。インペリアルトパーズの中でもトップカラーはシェリートパーズとも呼ばれる赤味の強いもの。こちらの鉱物は内部に赤色を含むため、インペリアルトパーズ、またはシェリートパーズだと思われます。





Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石やアクセサリーを扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。

自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物や樹木、鉱物、ハーブやアロマテラビー、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月〜金
(夏季冬季休暇・祝日連休はお休み)

海外のお客様へ

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top