オーシャンアゲート マダガスカル産 永遠の連なり 31cts./ ルース・カボション

オーシャンアゲート マダガスカル産 永遠の連なり 31cts./ ルース・カボション

型番 AGA0210LS
販売価格 3,780円(税込)
購入数

   

国内外でアゲート質のものもオーシャンジャスパーとして流通している
オーシャンアゲート。

オーシャンアゲートと呼ばれることはほとんどないですが
ジャスパー質のものとはまったく違う品質です。

ともにオーシャンジャスパー/アゲート特有の二重三重円を持ちますが
オーシャンアゲートは一つ一つの円が大きく
円の周りに帯があり、その帯が互いに連なって
まるで細胞のように広がりを見せます。

またジャスパーの不透明で岩のような性質に対して
アゲートは半透明なため重層的な構造を持ち表面もツルツル
サークル状のデザインが浮遊しているような幻想的な世界を見せてくれます。

こちらはアゲートらしい縞模様がメインのルース。
デザインとコントラストがはっきりとしていて
完成度の高いルースだ思います。
裏側の方がきれいなサークルが表れているので
裏面の方がオーシャンアゲートっぽいかもしれません。





鉱物名____Ocean jasper(Agate)

サイズ____31x17x8mm

重さ_____31cts./6.2g

石の処理___天然無処理

原産地____マダガスカル



DSC_0696.jpg


DSC_0697.jpg


DSC_0698.jpg


DSC_0702.jpg


DSC_0708_20170531173614c11.jpg





オーシャンジャスパーが初めて発見されたのは1999年。今の所マダガスカルのみで、透明な玉髄(カルセドニー)に魚眼状のジャスパーが密集したオーシャンジャスパーは、とても少ないそうです。ほとんどが不透明で魚眼の形も崩れているのがほとんどですが、そのような一部のハイクオリティなカラフルで個性的なデザインのアゲート化したものもオーシャンジャスパーとして呼ばれ、ジャスパーの中でも特に人気が高い石です。

尚、オーシャンジャスパーが最初に発見されたのは、引き潮で現れた海岸線だったため、海で採れる石という意味のオーシャンジャスパーという名前が付いていますが、今では海岸近くの地層や内陸でも発見されているため、引き潮時に採掘されるということはありません。

デザインもカラーも多種多様で、芸術性を高める石と言われています。アート作品にぴったりな素材です。




オーシャンジャスパー/アゲートは多種多様な色をしていますが、緑色が入っていることが多く、魚眼部分がオレンジやピンク色のものが多いようですオーシャンアゲートはオーシャンジャスパーと違って白い部分があるものも多く、アゲート特有の半透明の石のため、より幻想的なイメージを醸し出しています。

ぐるぐる大きな円を描いている模様は目玉のように強烈なビジュアルで輪廻転生を示す曼荼羅のようでもあり、細胞分裂のようなイメージを連想させます。仏教的なイメージを連想させる渋いカラーとデザインは、オーシャンアゲートに宗教性のようなものがあるからかもしれません。






Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石やアクセサリーを扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。

自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物や樹木、鉱物、ハーブやアロマテラビー、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月〜金
(夏季冬季休暇・祝日連休はお休み)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top