オレンジサンストーン 暁のダイヤ マダガスカル産 5cts./ ルース・カボション

オレンジサンストーン 暁のダイヤ マダガスカル産 5cts./ ルース・カボション

型番 SUN0878LSc
SOLD OUT
   

豊かさをイメージさせるオレンジサンストーン

七色のアベンチュリンレッセンスが華やかな一品
こちらはスクエア型のカットですが、斜めにするとダイヤ型に。
膨らみのあるカットなのでこちらの方がフェミニンになりますね。

真ん中に膨らみを持たせてカットしてあります。
こちらは全面に安定したアベンチュリンレッセンスが表れます。

まるでビーナスのように神々しく輝き自信に満ちた石
見ているだけで縁起がよくなるようなパワー。

インドのサリーのようなきらめきと華やかさですが、こちらはマダガスカル産。
マダガスカルでもサンストーンが採れるのですね。
天然石の宝庫の産地です。




鉱物名____Sunstone(日長石)

サイズ____11×11×4.1mm

重さ_____5cts.

石の処理___天然無処理

原産地____マダガスカル




DSC_6706.jpg


DSC_6711.jpg


DSC_6714.jpg


DSC_6716.jpg





サンストーンはキラキラとしたラメ成分がアベンチュリン・レッセンスで、別名アベンチュリン・フェルドスパーとも呼ばれています。フェルドスパーは長石のことで、ラブラドライトやムーンストーンがこれに属します。太陽のようにキラキラ光るので、同じ長石のムーンストーンに対してサンストーンと名付けられた比較的新しい流通名でもありますが、もともとギリシャ語で太陽を意味する「ヘリオライト(Heliolite)」とも言われていました。




サンストーンの果物のようなオレンジ色と華やかなレッセンスは、物質的な恵みや豊穣のイメージを与えてくれます。たくさんの豊かさを受け取る気持ちやそれにふさわしい自分であると自己肯定感をもたらし、心の準備を促してくれる石でもあります。

美や豊かさは占星術では金星(Venus)が司り、ビーナスは女性性の象徴でもあります。サンストーンと言えば太陽ですが、金星も明け方や宵にとても強く輝きます。2017年は4月から11月まで明け方東の空に明けの明星が見えていました。太陽に近づき高度が低くなるため12月に入ると見えなくなりますが、空にあった豊穣の女神が地上に降りて来たと想像するととてもロマンチックですね。

スクエア型のカットも表面を丸みを持たせてカットしてあると、斜めにすればマーキースのような女性的なフォルムに見えます。サンストーンは太陽の石なのに、なぜか金星のような女性的なイメージがあります。原始時代は太陽=母性崇拝の時代もありましたので、私たちの原初の記憶にシンクロするものがあるのかもしれません。







Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >