ホワイト・アンモナイト ホワイトフォッシル アメリカ・ユタ州産 12.5g/化石・フォッシル

ホワイト・アンモナイト ホワイトフォッシル アメリカ・ユタ州産 12.5g/化石・フォッシル

型番 AMM0835FS
販売価格 3,996円(税込)
購入数

   

白く美しく化石化したアンモナイトの化石です。

螺旋の形状が中心まで細かく化石化しており。また動物の骨のように白く化石化しています。
表面は石灰質で触ると少し手が白くなります。

化石の産地であるアメリカのユタ州産です。
白く化石化した桂化木や赤珊瑚の化石など、他ではあまり見られない珍しい化石の産地でもあります。

その繊細で完璧なまでの形状に思わず息をのんでしまいます。

アンモナイトは軸の目から回転するように広がった形をしています。
それはそのまま軸を自分の中心に持ち、そこから自分の世界を広げていくイメージをもたらしてくれます。
また化石ですので地中や古代との繋がりが強く、グラウンディングにも最適です。




Ammonite fossil

30x25x12mm

12.5g

ユタ州(アメリカ)



DSC_1112_01.jpg


DSC_1111_01.jpg


DSC_1109_01_2018051723462826c.jpg


DSC_1105_01.jpg


DSC_1101_01.jpg


DSC_1100_01.jpg


DSC_1099_01.jpg


DSC_1098_01.jpg





アンモナイトはオウムガイ類の化石で、古生代シルル紀またはデボン期に生息していた生物です。長く地球上に生息していましたが恐竜と共に姿を消しましたがオウムガイは巻貝として生き残っています。オウムガイとよく似たアンモナイトですが、頭足類に属し、殻の中から足が出ています。このため、アンモナイトは貝ではなくタコやイカと同じ頭足類の生物でもあるのです。生息数が多かったのと固い甲殻のため地中で劣化しにくく、出土数がとても多い化石です。

化石化して微生物の侵食や置換により、虹色の遊色が生れたものや螺旋や甲殻の形状ををそのまま残して化石化したものまで、大きさもタイプも実にバラエティに富んでいます。遊色部分を宝石化したものはアンモライトと呼ばれ、高値で取引されています。

アンモナイトが生息していたデボン紀やカンブリア紀の海には、現在のあらゆる生物の起源となる古生物の時代です。『崖の上のポニョ』には「まるでデボン紀の海のようだ」という台詞が出て来ます。アンモナイトには現在の地球上の多くの生物の原初の記憶が宿っているかもしれません。アンモナイトには時空を超えて想像力を掻き立てる何かがあるようです。




アンモナイトの螺旋の形状は遺伝子が二重らせんを描いているように、あらゆる生物の根幹にあるイメージがそのままむき出しになったようなビジュアルです。アンモナイトがかつて地球上に大量に生息していたことと私たちのDNAがらせん状を描いていることはもしかしたら無関係ではないのかも、なんて妄想してしまいます。

悠久の時を超えて骨格だけを残して私たちの目の前に現れる生物の化石は、時間という枠組みを超えて古代地球のエネルギーを運んでくれます。化石を眺めていると不思議と気持ちが穏やかになります。天然石に負けず劣らず癒しの力があるのかもしれません。

生命が芽吹く季節になると、なぜか化石のことを思います。化石は対極のようですが、冬の雪が溶けて地表から植物たちが芽を出す季節と、土の中からひょっこり姿を現す化石にはどこかシンクロする所があるのかもしれません。化石が発見される時、それは地球の新たな記憶の発見でもあります。肉体は滅びても骨は残ります。滅んだ生命が土のベッドの中から再び姿を現すとき、まるで古いアルバムを眺めているような気分になるのは私だけでしょうか。





Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top >