グランディディエライト 虹入り 森の戦士 マダガスカル産 10.9cts./ ルース・カボション

グランディディエライト 虹入り 森の戦士 マダガスカル産 10.9cts./ ルース・カボション

型番 GRD0168LS
販売価格 21,600円(税込)
購入数

   

宝石質のものは産出量が少なく、スーパーレアなグランディディエライト
2016年に新たな鉱脈が見つかったので流通量が増えたようです。
そのためこちらのような天然石ルースも見かけるようになりました。

難しい名前はフランス人の名前の発見者のため(^^ゞ
1902年に発見された鉱物ですが、純粋な鉱物としては産出量が少なく、クオリティも低い。
そのため宝石や天然石の世界で取引されるのはここ最近だそう。

宝石質の透明感のあるものではなく、あえて天然石の透明感の低く色の濃いものを選んでいます。
それはこの石の緑が濃い程パワフルだと感じたからです。

こちらは高さのあるカボションカット
画像ではわかりにくいですが、かなり大きな虹が、七色で入っています
なので暗緑色ですが地味ではないです
キラリと光る結晶や虹が浮かび上がり、存在感バッチリなルース

レアストーンなので大きくカットされたものは稀
東南アジアの森のような深い緑色に癒されます。

表面は天然石の研磨ですが色が濃いので表面は目立ちません。
中の結晶が反射によって表面に白く表れています。




Grandidierite

15x13x18mm

10.9cts./2.1g

マダガスカル産



DSC_1518.jpg


DSC_1520_201809180455001ab.jpg


DSC_1521_20180918045501d8a.jpg


DSC_1524_20180918045503040.jpg


DSC_1526_01.jpg


DSC_1527_20180918045506139.jpg


DSC_1529_2018091804550782d.jpg





グランディディエライトは1902年にマダガスカルで発見された鉱物で、発見者の自然学者グランディディエにちなんで名づけられています。モース硬度は7、主産地はマダガスカルですが世界各国で発見されているそうです。

宝石質のものは極めて稀で流通量も情報量も少ない石。こちらのサイトさんが詳しいです。




不思議な魅力を持つグランディディエライト。普通は緑色の石は癒し系で心和ませるのですが、グランディディエライトは癒しの色を持ちながら、とても力強くエネルギッシュ。鋼鉄のような硬さを感じさせるのは硬度の高さのせいでしょうか。この石に強く惹かれたのは、石の強さが癒しの色と共存しているからです。

アーシーなカラーはマクラメなどのナチュラルテイストにもぴったり。まるでアマゾンの原住民のような土着のヒーリングパワーと原生林のような原始的な自然のパワーを感じさせる石。宝石質のような透明感はありませんが、色が濃いほどとても魅力的な石だと思います。

カボションカットのせいもありますが、こちらはペンダントよりもリングに最適な気がします。緑色はハートチャクラなので本来はペンダント向きなのですが、グランディディエライトのどこかアマゾンの戦士のような静かな闘志は心臓部よりも指や腕など守りよりも攻めのポジションの方が向いている気がします。それほどこの石は癒しの色を持ちながら、強い意志や決意のようなものを感じさせるのです。胸部に持つにはちょっと圧迫感を感じるかなと思います。






Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top >