シェブロンアメジスト・エレスチャル・ポイント ブラジル・バイーア州産 24.7g/ 鉱物・結晶原石

シェブロンアメジスト・エレスチャル・ポイント ブラジル・バイーア州産 24.7g/ 鉱物・結晶原石

型番 AME0104PO
SOLD OUT
   
2019年ツーソン初お目見え
今年のツーソンから登場した新種のアメジストクリスタルです。

産地はバイーア州
こちらはブログにも書いたマザーアースと直感したアメジストのアイスクリスタルが
バイーアとセアラ州から産出されており
レムリアン・ルーツクォーツもバイーア産
今バイーアからメッセージ性のあるクリスタルが発見されています。


こちらはポイントでまるで杖やトーチ(灯火)のようなフォルム
海外のクリスタルショップ経由で入荷しています
ショップで一つ一つセレクトしたものをまたお選びしています。

面白いのはブログにも書いたアメジストのアイスクリスタルと類似性があることなんですね
アイスクリスタルのように下半分が白いクリスタルでダブルポイントのように尖っている
ファセットに窪んではいませんが、エレスチャルのようなもう一つの面が見られる
こちら、エレスチャル・アメジストとして入荷しました。

また、ポイントが二つ重なり合っているような形もエレスチャルで、あるものとないものがあります。
先端も鋭利ではなく、タビーのものもあり、これらはアメジスト・アイスクリスタルにも見られます。

ザクザク入ったキーのようなシェブロン(山型)状の窪みは
レムリアン・ルーツクォーツにもよく似ています。


これら多くの類似点から、アメジスト・アイスクリスタルの子機のようなクリスタルなのかなあと
アイスクリスタルは大きなものが多くポータブルではないです。

こちらはピンボケだったりなぜか写真が少なくなってしまいましたが(^^ゞ
ファセットが大きくパープルも濃くてエレスチャルになっています。
ファセット面の裏側の窪みの入り方が、ファセット面と同じなので
この窪みもエレスチャルということなのかな?


杖のような、トーチのような形状は送受信ツールでもあり、チューニングにもいいかもしれません。
地球の活動が活発になっている時代ですので
新しい時代のクリスタルとして一つ持っているといいと思います。




Amethyst (紫水晶)

60x20x16mm

24.7g

Bahia, Brazil



DSC_0210_20190715194701209.jpg


DSC_0207_201907151946591cb.jpg





鉱物の形成の過程で水晶が紫色になったものが紫水晶=アメジストです。この紫は天然の放射線の影響だということが近年発見されました。アメジストは水晶系の中でも複雑な構造を持つため、結晶の割れやクラックなどが目立つものが多いですが、それがまた本物のアメジストの証拠でもあります。パープルの色が濃いほど貴重で、熱処理をすると黄色になりアメトリンやシトリンと称して流通していたりします。

古代より多くの宗教で紫は高貴な色として見なされていたため、アメジストも同様に高貴な人々に愛されて来ました。世界各地で産出されますが、良質なものが採れる南米やナミビア産が有名です。




毎年のようにいろんなタイプのアメジストが市場に入って来るようになり、とても刺激的です。私自身がアメジストに強く惹かれ出したのもありますが、メッセージ性の高い鉱物だなと思います。自然放射線の影響で紫色に色づくわけですが、地殻変動によってなぜ放射線が生まれるのか、その時どのような活動や星からの影響があったのか。そう考えるとアメジストは元々スピリチュアリティが高いクリスタルなのかもしれません。

自然放射線の影響はスモーキークォーツやシトリンにもみられます。やはりスモーキークォーツも特別な石だと思います。アメジストの場合はいろんな結晶になるので、メタフィジ的なサジェスチョンも多いのかもしれません。

南米で多くのバラエティーに富んだアメジストが産出されていますが、いったいこの土地は昔何が起きたのか、どうなっているんだろうと思います(笑)





Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >