レインボーラブラドライト Spectacle 29cts./ ルース・カボション

レインボーラブラドライト Spectacle 29cts./ ルース・カボション

型番 LAB0204LS
SOLD OUT
   
まるでスペクトロライトのような強烈なシラーのレインボーラブラドライト
こちらはラブラドライトですが、スペクトロライトとして入荷しました。
このタイプは原産地がユレマーでなくても、スペクトロライトとしてみなされることがあります。
ラブラドライトよりも価値が高くなります。

シラーの光と多色、青と黄色のコントラストが激しくなるのが特徴ですね。
信号のようにシグナルを送るような輝き方のように思います。

シラーも全面に出ますし、裏面も中々カッコイイです。
ブラックホールのような宇宙感あります。

滑らかに研磨されカットされています。
シラーの下にキラキラしたドゥルージーが入っています。




Labradorite

32x20x6mm

29cts./5.8g

インド(製造国)



DSC_0232_201911122224305f2.jpg


DSC_0239_20191112222427404.jpg


DSC_0236_201911130052056b6.jpg


DSC_0235_20191112222424b75.jpg


DSC_0234_20191112222422b14.jpg


DSC_0231_20191112222421468.jpg


DSC_0242_20191113001314936.jpg





ラブラドライトの光は、銀河系の他の惑星から放たれた波動と共鳴していると言われています。ラブラドライトを持つと直感や洞察力が冴えるのはそのためかもしれません。

やさしい波動を放つ長石(フェルドスパー Feldspar)の一種で、一定の方向にぱっくりと割れる劈開性を持ちます。その劈開面に沿って鮮やかな光を放つラブラドレッセンスが現れます。

月や太陽を象徴し、この石の波動は宇宙からのメッセージだと言われています。歴史的になぜか民衆や集団の大きな集合意識の変化に呼応する特徴があります。

最初に発見されたのは北米のラブラドール地方。もともと寒い国の石なのです。現代ではアフリカの東にあるマダガスカル島で多く産出されています。太陽の光が少ない極めて寒い地域と、たくさんの光が降り注ぐ極めて暑い地域に顔を出すラブラドライトは、そのまま光と影を象徴しているように思います。




カラフルなレインボーラブラドライトは、太陽と月の石と言われるラブラドライトをよく表しているように思います。まるで月のように光を受けなければ輝くことはなく、また光を受けると太陽のように明るいオレンジ色と太陽光線のような七色の虹色を見せる神秘的な謎に包まれた石ではないでしょうか。

J・ダウ女史によりますと、ラブラドライトはアトランティス時代に大きなオベリスクとして存在し、またその前のシリウスからのコネクションがあるとのことです。シリウスはこの星のどの種族もルーツの一つとして持っているとか。ラブラドライトはシリウスのルーツの扉を開けるとのこと。

シリウスは太陽の次に大きい地球から見える恒星です。その明るさとラブラドライトの暗い宇宙に光が射すような輝きはどこか似ているものがあるのかもしれません。

ラブラドライトは起動させる石。何か始めたい、行動を起こしたい時にかがり火となってくれる石でもあります。







Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >