レピドライト 刷新の石 12.1cts./ ルース・カボション

レピドライト 刷新の石 12.1cts./ ルース・カボション

型番 LPD0434LS
SOLD OUT
   
赤紫色のレピドライト
雲母がキラキラと宝石のように光るとっても華やかなルースです。

こちらはレピドライトの色も濃いのですが、雲母のキラキラもはっきりしていて、かなり強く輝きます。

アクセサリーサイズのとても小さなルース。
キラリと胸元で光るペンダントにぴったりです。

フェミニンなカラーですがクリスマスカラーでもあるかもしれません。
年末にぴったりのルースです。




Lepidorite(リチア雲母)

20x17x4.6mm

12.1ct./2.4g

インド(製造国)


DSC_0237_201911270932326a1.jpg


DSC_0239_20191127093233fbc.jpg


DSC_0241_20191127093235a22.jpg


DSC_0242_20191127093236c28.jpg


DSC_0247_20191127093238006.jpg




雲母の一種で、花崗岩などと一緒に産出されます。含有するリチウムによって、ピンクや紫、白や灰色の石があります。原石は板状に薄く剥離するのが特徴です。レピドライトのルースも、カイヤナイトなどと同じ一定の方向にヒビが入りやすい劈開性がある石の一つです。

古来より「変革の石」と呼ばれ、そのような時期に身に着けていると大きな抵抗もなくすんなりと変わることができると言われています。心臓に作用し、筋肉の増強や安眠をもたらすとされています。




ドロップ型も幅広のカットになると、ハート型を逆さにしたような形になり、ハート(心臓)をイメージさせるフォルムになります。とくにレピドライトのような赤やピンク色のルースだと、心臓のイメージをダイレクトに連想させ、胸のチャクラに働きかける力も強いでしょう。

かわいらしい石ですが、石の言い伝えは中々強いものがあり、自分自身を刷新する時に欲しくなる石のようです。明るい桃色のレピドライト、あずき色に近い石もありますが、ピンク色の奥には血がみなぎるような強い意志があるのかもしれません。レピドライトの色はソフトですが、石のメッセージはたくましいもの。この石は心臓や筋肉に作用すると言い伝えられている通り、心身からやる気を起こさせるようなパワーを秘めているのかもしれません。

かわいらしい見かけでうっかり手にするとえらい目に遭う、という意味ではユーディアライトに近いものがあります。どちらも赤紫色のマゼンタカラー。赤はルートチャクラ、紫は頭頂のチャクラですので、ボディの上と下を混ぜたような色合いです。ユーディアライトやレピドライトの強制力は、チャクラの真上と真下を司るため逃げ場のない支配力を持つからかもしれません?女性性のもう一つの側面を表す色でもあるかもしれません。




Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >