スティヒタイト 紫滝 南アフリカ産 13.7cts./ ルース・カボション

スティヒタイト 紫滝 南アフリカ産 13.7cts./ ルース・カボション

型番 STI0377LS
販売価格 3,960円(税込)
購入数

   
スティヒタイトの紫が入ったルースです。
スティヒタイトはアトランティサイトに入っている紫色の成分です。
スティヒタイト・イン・サーペンティンも有名ですね。

スティヒタイトオンリーのルースやアトランティサイトは見かけますが、こちらのタイプはかなりレア。
在庫に一つだけ残しておいたのをリリースです。

母岩も多分サーペンティン(蛇紋石)ではないかな〜と思います。
なのでこちらももしかしたらスティヒタイト・イン・サーペンティンの一種かもしれません。

こちらはシャトヤンシーは出ませんが、とても絵画的なデザイン。
柳や滝のように垂れ下がるデザインは風情がありますね。

きれいに研磨されています。
スティヒタイトは粘土質の石で、こちらも大きさの割にとても軽くで少し乾いた感じがします。



Stichtite

24x20x4mm

13.7cts./2.7g

南アフリカ産



DSC_0249_20191127100657bcb.jpg


DSC_0253_20191127100655e31.jpg


DSC_0252_20191127100654752.jpg


DSC_0251_20191127100652420.jpg


DSC_0250_20191127100651bdf.jpg




スティヒタイトはパープライトによく似た紫色の石。最初に発見されたのはオーストラリアのタスマニアで名前は発見者に由来します。鉱物的にはクロムとマグネシウムから成る炭酸塩ですが目立った情報がなく、鉱物としてよりもパワーストーンとして周知されているようです。スティヒタイトが入ったアトランティサイトの人気のせいかもしれません。

スギライトにもよく似たカラーのスティヒタイトはスギライトの産地でもある南アフリカでも発見されたようです。ヨーロッパやアフリカ、ブラジルなどでも産出されています。

感情にまつわる謂れが多く、感情面をコントロールする、安定させる作用があるようです。




エレガントでニュアンスのあるスティヒタイト。高貴な紫色と苔色の母岩はまるで苔の上に藤の花がかかっているようなとても和風な伝統美を思わせます。源氏物語や平家物語のような平安時代の優雅な公家文化や様式を思わせる一方で、どこかヨーロッパ的な気品を感じさせます。いずれにしても長い伝統や文化を彷彿とさせる落ち着いた色あいで、人においても審美眼の高くなるご年配の方のファッションにとてもいいかもしれません。

紫のスティヒタイトがかえって母岩の苔の味わいを深くしているような。このコントラストはとても強く惹かれるものがあります。デザインに対するカッティングも秀逸でとても趣のあるルースになっています。

サーペンティンも感情を落ち着かせる色あいで、謙虚や慎ましさを思い出させる石かもしれません。








Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >