トライゴーニッククォーツ 次元の開放 ブラジル・ミナスジェライス州産 48.9g/ 鉱物・ポイント水晶

トライゴーニッククォーツ 次元の開放 ブラジル・ミナスジェライス州産 48.9g/ 鉱物・ポイント水晶

型番 CRY0413PO
SOLD OUT
   
ブラジルのミナスジェライス州のトライゴーニッククォーツです。
10月に入荷したもの。

トライゴーニックの印には二つのタイプがあって、こちらは楔形のように小さな▽がワニ皮のように入っているタイプ。
このタイプは石自体もアイシーで白く、柔らかいエネルギーを放っているものが多いです。
全体的にジュワっとして、雪解け水のようなピュアな光と柔らかみがあります。

トライゴーニッククォーツは表面がアイスクリスタルになって潤いがあり輝きも強いです。
膨張したような膨らみを持ち、中が空洞のような空虚な感じがあります。
まるで膨らんだ風船のように、エネルギーが外側へ向けて広がった感じがします。

輝きも素晴らしく、柔らかくピュアな光はレムリアン・ルーツクォーツのようでもあります。
溶けただれている中でファセットと柱面に一面ずつ、まるで研磨したかのようにツルッと平らな面があります。
根元もセルフヒールドされています。

こちらは根元がか柱面にかけて母岩の混入のような、白い砂のような成分がクォーツに染み込んでいます。
購入した時は気づかなかったのですが、これは私が今年の初めに見た
「空に浮かぶ(トライゴニッククォーツの)島の黒い下部」のイメージとシンクロするのだと思います。
どなたに渡るのかちょっと楽しみです。

ハンディで癒しの力がとても強いトライゴーニッククォーツ
トライゴーニッククォーツの癒しは喜びに溢れた植物の次元にアクセスするような、別次元への扉です。




Trigonic Quartz, Clear Quartz, Ice Crystal(水晶、クリスタル)

52x29x26mm

48.9g

Minas Gerais, Brazil



DSC_0117_20191210215954514.jpg


DSC_0118_2019121021595546c.jpg


DSC_0122_201912102159576da.jpg


DSC_0126_20191210215958aad.jpg


DSC_0127_20191210220000f2e.jpg


DSC_0130_201912102200018dc.jpg


DSC_0131_201912102200032a1.jpg


DSC_0135_20191210220004a80.jpg






トライゴーニッククォーツは、アイスクリスタルの一種でもあり、ブラジルやヒマラヤなどで産出されます。主な産地はブラジルで、ヒマラヤではアイスクリスタルにトライゴーニックが現れるものが多いようです。

トライゴーニッククォーツと呼ばれるものには二つの特徴があります。

・▽印(トライゴーニック)がファセットに入っていること。
・溶けただれたようなアイシーな形態(アイスクリスタル)


この二つの特徴はトライゴーニック・クォーツの成り立ちにも関わっていると思います。

レコードキーパーが上に向いた△印がであるのは、植物が上に向かって伸びるように水晶が成長するマークでもあります。反対にトライゴーニックは印が下を向いていますので、上からのエネルギーがかかっている、浴びていると言えます。

このエネルギーは地殻の中で起きているかもしれませんし、宇宙線のような遠くからかもしれません。
宇宙線はあらゆる物体を通り抜けて地上に降り注ぐので、地下に眠る鉱物が浴びても不思議ではないと思うのです。

また、アイスクリスタルとしての特徴は、トライゴーニッククォーツが膨張したような膨らみのある形状をしていることにも関係があると思います。アイスクリスタルは浸食や形成過程で形成しきれなかった不完全な形態だったりするのですが、トライゴーニッククォーツが角が溶け丸みを帯びているのは水晶自体が熱を持った可能性もあるのでは?と思います。

「鉄は熱いうちに打て」と言うように、水晶が何らかの反応で熱くなり、そこに熱水や水分が浸食したため、膨らんだ形で浸食の跡が残っているのかなと思います。そして石が熱くなるような特別な反応を示したからこそ、トライゴーニッククォーツには特別なメッセージや感じるものがあると思うのです。




楔形状の▽印のトライゴーニックは、まるで光のシャワーを浴びたようにも見え、逆に形成途中の不完全な水晶のようにも見えます。その点はレムリアン・ルーツクォーツの表皮や形態にも似ているものがあります。

トライゴーニッククォーツについて調べているとたくさんのヒントがやって来るのですが、まるで次元の扉が時間をかけて、何かのタイミングで開いたり閉じたり、あらゆる方向からやって来る感じです。

トライゴーニッククォーツは、レムリア文明のような古代文明に関するヒントも教えてくれたのですが、一番重要なメッセージは、惑星の影響を直接受け取ることが出来る、ということかもしれません。それは誰かを通して、何かを通してではなく、自分自身がスマホのように宇宙から直接情報を得られる。すぐにそれが出来るという意味ではなく、そんなイメージに近いアイテムです。

少し前はトライゴニッククォーツはヒーラーやチャネラーの石と言われていた程、持つ人を選ぶ石だそうですが、確かにこの石は超古代世界や宇宙などメタフィジカルな探究には欠かせない石で、その入り口、ドアに当たるものだと思います。レムリアとの関連やさらにその先のシリウスなど、この門を通り抜けて行くものだと感じます。トライゴニッククォーツは、表面の印だけでなく膨張した母体や溶けただれた表面など、石の変化がとても多く表れているので、石を見る時にとても勉強になります。








Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >