ヒマラヤ水晶ポイント キー&ウィンドウ ネパール・ガーネーシュヒマール産 7g/ 鉱物・クリスタル

ヒマラヤ水晶ポイント キー&ウィンドウ ネパール・ガーネーシュヒマール産 7g/ 鉱物・クリスタル

型番 CRY0580PO
販売価格 12,100円(税込)
購入数

   
透明度の高い良質な水晶が採れるヒマラヤ産の水晶
こちらはクリアなポイント水晶です。

5cm未満の小さなポイントなのですが、柱面のレッジや柱の角は刃物のように鋭く鋭利です。
そして面白いことに、通常ファセットに現れるウィンドウが、柱面の角に現れています。
少なくとも3か所あり、一番大きなウィンドウには、レコードキーパーやトライゴニックのようなグリフが見えます。

根元のキー部分にもピュアレイのようなトライゴニックの印が。
まるでコロンビアンレムリアンのような透明度と、モンドクォーツのような珍しいメタフィジカルな印。

標本サイズのミニ水晶ですが、ヒマラヤ水晶は小さいものに不思議な特徴が現れていたりします。
宝石のような完成度を感じさせます。




Chlorite in Quartz, Garden Quartz, Lodolite cluster(庭園水晶、緑泥石)

40x12x11mm

7g

Tipling/Ganesh himal, Nepal

アクリル台付



DSC_0010_20200202212742775.jpg


DSC_0008_20200202212741cf9.jpg


DSC_0013_20200202212744251.jpg


DSC_0028_202002022127473e2.jpg


DSC_0032_202002022127488b4.jpg


DSC_0033_20200202215010487.jpg





インド亜大陸がユーラシア大陸にドッキングして生まれたヒマラヤ山脈。その激しい造山活動によって生まれたのがヒマラヤ水晶です。地中の亀裂(ベイン)に染み込んだ石英から生まれる水晶は、小さなポケットが多く、一度にたくさん採れません。ヒマラヤ水晶は様々な形をした個性的な水晶が多いのですが、違うベインからは異なる形の水晶が発掘されるためだとか。そのため、バラエティに富んでいてユニークな形が多いのでしょう。

透明度の高い水晶だけでなく、クローライトを含んだガーデンクォーツや酸化鉄を含んだピンククォーツも発掘されています。ボルテックス(渦)を巻いているクラスターなど珍しいクラスターもあります。

産地のガネーシュヒマールは、近郊の産地も含み、透明なクォーツはネパールのTipling、クローライトが入ったものはLapaなどネパール産で、ピンククォーツはインドのパールヴァティ渓谷のマニラカンやマニハール産だそうです。




同じクリアな水晶でもブラジル産と比べてどこか陰の気が強く感じるヒマラヤ水晶。この地域の石は湿気や陰の気が強く、水分たっぷりの潤いのあるクリアさ。ヒマラヤ水晶が一番人気は日本、というのを聞いたことがあります。この透明度の高さは世界的に人気だと思うのですが、チベットエリアはDNAの分類で、人種的にも日本人と近い所があるので、親近感もあるかもしれませんね。そして真冬の真水のような透明感と冷たさは、持ち主にもそれなりの覚悟がいるような所があると思います。ただきれいなだけじゃない、美しいだけじゃない迫力がヒマラヤ水晶にはあり、霊的な雰囲気が強い石だと思います。

その透明度の高さ、輝きの強さに注目が集まり、小さなポケットから産出するバラエティの豊かさもあって、ブラジルほど共通点のある特徴が見られないようですが、不思議とヒマラヤ水晶にもそのような出会いが多くなって来ました。同じヒマラヤ水晶でもメタフィジ的な特徴があると、どこか独特の雰囲気があり、宇宙的な突き抜けた感じがあるのは、何かメッセージ性があるからかもしれません。

私の中では、モンドクォーツに引っ張られるような形で、ヒマラヤ水晶にも似たようなサインやグリフを発見するようになっています。また、同時に同じユーラシアの内モンゴルのシリウス系の石とのネットワークも感じています。まるで石同士が連携して意識をグレードアップさせているような、不思議な兆候です。





Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送(郵便局):月、水、金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
金曜日のご入金は月曜発送になります

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;







  
Top >