シンビルサイト アンモナイト・フォッシル ロシア・ウリヤノフスク産 46cts./ルース・化石

シンビルサイト アンモナイト・フォッシル ロシア・ウリヤノフスク産 46cts./ルース・化石

型番 SIB0307LS
SOLD OUT
   
ロシアのヴォルガ川湖畔で産出されるローカルストーン
アンモナイトの殻の部分がパイライト化し、カルサイトなどが鮮やかに結晶化したアンモナイトの化石の一部。
ロシアのこの地域だけで産出される特産品です。

アンモナイトは腐食によってパイライト化するのが珍しくありませんが、カルサイトの結晶を伴うのは奇跡的。
研磨されて芸術品のように美しいルースが生まれました。

なんてゴージャスなルース!と一目ぼれしたシンビルサイト
結晶が大きいのでサイズが大きい物が多いようです。
また鮮やかな色合いとクリアな結晶を持つものは限られて来ます。

花弁のような結晶と化石が混在したレアな石。
いくつかご紹介して来ましたが、こちらは最後の在庫になります。

琥珀のように艶やかなアンバーイエローとパイライトのメタリックな輝き。
アンティークな味わいがコレクションにぴったりの逸品です。



Simbircite,Ammonite fossil

39 x 22 x 7 mm

46cts./9.2g

Ulyanovsk(旧シンビルスク), Russia


DSC_0035_202005131939214fb.jpg


DSC_0038_2020051319392042a.jpg


DSC_0043_20200513193918135.jpg


DSC_0042_20200513193917881.jpg


DSC_0047_20200513193914612.jpg


DSC_0048_202005131939158b8.jpg


DSC_0037_20200513193912daa.jpg





アンモナイトはオウムガイ類の化石で、古生代シルル紀またはデボン期に生息していた生物です。長く地球上に生息していましたが恐竜と共に姿を消しましたがオウムガイは巻貝として生き残っています。化石化して微生物の侵食や置換により、虹色の遊色が生れたものや螺旋や甲殻の形状ををそのまま残して化石化したものまで、大きさもタイプも実にバラエティに富んでいます。遊色部分を宝石化したものはアンモライトと呼ばれ、高値で取引されています。

シンビルサイトはアンモナイトの一部がパイライト化し、腐食や置換によってカルサイトなどの結晶が生まれ石化したものです。ロシアのヴォルガ川湖畔の旧シンビルスク(現ウリヤノフスク)で採れる非常に珍しい宝飾品のようなアンモナイトの化石の一部。アンモナイトはアンモライトのようにイリデッセンス部分が宝石化したり、パイライトして形骸化したアンモナイト・パイライトなど様々な天然石に生まれ変わって私たちの目を楽しませてくれます。




メタリックなシルバーのアンモナイトにハニーゴールドのカルサイトを含むシンビルサイト。化石と天然石が融合して生まれたものなので、輝きと色合いでクオリティに大きな差がでるルースでもあります。表面はとても艶やかに研磨され、研磨のクオリティも高いです。

非常に個性的な石が採れる広大な土地を持つロシア。鉱山資源が豊富なので二次産物の天然石も珍しいものを見かけます。同じ石でもロシア産だと独特の個性や美しさが生まれるのが見物。色味が濃く深くなるのも特徴でしょうか。またロシア産のものは国外への流通量も少ない気がします。ロシアの石はこちらの既成概念を覆したり新たな気づきをもたらしてくれる出会いになることが多いのが不思議です。石のスピリチュアリティが高く、とても興味深いです。









Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;







  
Top >