スターシード/スターブラリー・クォーツ Vision Quartz Zeca de Souza ブラジル・ミナスジェライス州産 114g/ クリスタル・ポイント水晶

スターシード/スターブラリー・クォーツ Vision Quartz Zeca de Souza ブラジル・ミナスジェライス州産 114g/ クリスタル・ポイント水晶

型番 CRY0106PO
販売価格 74,800円(税込)
購入数

   
ブラジスのミナスジェライス州のコリントにあるゼカジソウザ鉱山の水晶ポイント。
様々なネーミングで流通していますが、こちらは「ヴィジョンクォーツ」として入荷しました。
2019年に発掘された新鉱山の水晶です。

ゼカジソウザは、スターシード/スターブラリーの水晶を産出することでも有名で、2016年に発見された後、ずっと産出されなかったのですが、2019年に新しくまた発掘されました。
こんな純度の高いクリスタルがまた地上に現れたのはとても幸運なことですが、採掘されてしまったらまた出なくなるのかなあと思います。

日本ではほとんど定着してないようですが(笑)海外ではスターシード/スターブラリーとして流通しています。
私も2018年にスターシードとは特別な出会いがありずっと大きな影響を受けていますので、最初はスターシードとしてご紹介させて頂きます。


ゼカジソウザの水晶は小さなものが多く、この大きさでも大きくてレア。

とにかく輝きが素晴らしいのと、背面のカルサイトのような石灰質の干渉による模様の輝きが水晶を通して見られ、ドラマチックな光景に息を飲みます。

x面と呼ばれる場所に大きな貫入があり、まるで星がぶつかったような有様に苦笑してしまうのですが、貫入を頂きにその下に三角に伸びるキーが何かのメッセージのようで強く魅かれました。

右側の柱面にはもっと大きな貫入水晶があり、内部で虹色やシルバーの輝きを見せています。
こちらも水晶を通して見ると、惑星のようなイメージがあって。
背面にも貫入がありますので、3か所もあるんですね。

その内の二つは貫入というよりまるで母体のポイントから生えたように、外側でポイント形成されています。
x面の貫入水晶は、小さいのにグリフまで見えます。
x面はポータルやウィンドウとも呼ばれる場所で、グリフを伴うことも多いのですが、まさかそこに貫入した水晶までグリフが現れているので驚きです。
もう石の一部になっているのですね。

ほぼすべてのファセットに大小のレコードキーパーがたくさん表れています。

こちらはスターシードですが、一面置きに表れる規則性が崩れています。
もしかしたら、大きな貫入が複数あるせいかもしれない?とも思います。

潤いがあり過ぎて油分のように照りっ照りの輝きは、この産地特有のものだと思います。
輝きも透明感も他とは違う特別な水晶ですので、一つは持っていたい感じです。




Clear Quartz Crystal, Starseed/Starbrary Quartz(水晶)

102x34x27mm

114g

Zeca de Souza Mine, Corinto, Minas Gerais, Brazil

卸元解説書添付



DSC_0244_20200609020323d63.jpg


DSC_0249_20200609020324dc5.jpg


DSC_0256_20200609015350c8f.jpg


DSC_0263_202006090153526be.jpg


DSC_0273_202006090153548bc.jpg


DSC_0254_20200609015349e54.jpg


DSC_0258_2020060901534874f.jpg


DSC_0266_20200609015438a53.jpg


DSC_0270_20200609015518157.jpg


DSC_0261_2020060901551911e.jpg


DSC_0260_20200609015521af4.jpg





スターシード/スターブラリーと呼ばれるクリスタルは、柱面に様々な模様(グリフ)を持ち、宇宙の記憶を持つと言われています。グリフが柱面の一面置きに表れるのが特徴で、グリフと条線の面が交互になっています。大体柱面の正面は条線、左右にグリフ面が現れ、背面がグリフの場合が多いです。グリフは柱面の上部や辺に集中します。

スターシードはレムリアンシードのように「星の(記憶を持っている)種」という意味だと思いますが、スピリチュアルの世界では「他の惑星から来た魂」として広く使われているため、「星の図書館」を意味するスターブラリーを伴うことが多いです。

産地は、ミナスジェライス州のコリント、ゼカジソウザ、シポ産が有名です。ゼコデソウザもコリントにある鉱山ですが、透明度の高い水晶を産出する産地としてコリント水晶とは区別されているようです。

ゼカジソウザは2016年にも発掘されたのですが、その後ずっと産出されませんでした。そのため幻の鉱山と呼ばれていましたが、2019年にまた新鉱山が開いたようです。




スターシード/スターブラリー・クォーツは、宇宙の記憶を持ったクォーツです。レムリアンシードが地球上に起きた超古代文明の記憶を持つと言われているのに対し、スターシード/スターブラリーはそれ以前の宇宙からやって来たソウル(魂)の記憶を宿していると言われています。入植前の情報や記憶なので、もう一つ上のステージになります。柱面にグリフが一面おきに交互に現れるのが特徴で、星やソウルが飛来しているような干渉やシンボルが私たちの潜在意識を刺激し、過去に関する様々なイメージを呼び起こして行きます。

グリフには様々な惑星の名前が付いているようですが、それよりもグリフが水晶の強い光や響きによって浮かび上がる時、私たちの潜在意識に強く訴えかけて来ます。潜在意識は図形や記号、ラインの世界ですので、水晶に現れる様々な模様は、私たちの潜在意識をとても刺激し活性化させます。

地球にはかつて白亜紀というカルサイトの時代があり、カルサイトの浸食を受けている水晶には、地球の活動の記憶も刻まれているのではないかと思うことがあります。熱水や酸などでグリフが生まれるらしいのですが、とても強く魅かれるグリフや輝きを持つ水晶は、大抵カルサイトの関わりがあり、その跡が見られます。

ただの鉱物の模様に見えるものでも、それも地球の地殻活動のミクロの痕跡であり、その軌跡が私たちがどこから来たのかという問いに対して僅かながらもヒントを与えてくれることがあるかもしれません。

輝きの透明感や個性的な形状は、南米のモンドクォーツといった感じです。文明の礎を築いたプレアデス系の明るく快活で建設的なイメージです。「ヴィジョンクォーツ」というこの石の別名らしく、モンド同様潜在意識のような脳を刺激する石のようです。



Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >