ザンビア・シトリン ファントム ザンビア産 60g/ 結晶原石・ポイント水晶

ザンビア・シトリン ファントム ザンビア産 60g/ 結晶原石・ポイント水晶

型番 CIT0414PO
販売価格 16,500円(税込)
購入数

   
どこか懐かしさを誘うマスタードカラーのシトリンポイント。
ザンビア産です。

ザンビアやコンゴは、大きなダイヤ型のウィンドウを持つタイムリンクのシトリンの名産地。
大地溝帯の西側にあるこの地域は緑地帯の中央アフリカに位置します。

隣国のタンザニアのモンドクォーツ以外は、アフリカであまり目立った水晶の産地を知らないのですが、シトリンやアメジストの産地は多いように思います。


こちらは大きさの割にとても重さを感じるシトリンポイント。
ブラジル産がどちらかというと軽めなのに対し、ザンビア産は重いのかもしれません。
ホワイトクォーツも結構重かったです。

きれいな二等辺三角形がメインファセットとして中央にありますが
両サイドは大きくて長い台形のファセットになっています。

ザンビアシトリンの特徴でもあるレインボーフラッグのようなカラフルな虹も入っています。

ファントムも入っているレアなシトリン。
サイドのある柱面からだけ確認することが出来ます。

底面はセルフヒールドされ、再結晶化の兆しも。
ETクリスタルになろうとしていたのでしょう。

ポイントには欠けがありますが、アフリカやザンビア産のクォーツには珍しくありません。

表面は分厚くビンテージ感があり、強い光は内側にあります。
ホワイトクォーツにもありましたが、ザンビア産の特徴なのでしょうか。

どっしりとした力強さのあるザンビア産のシトリン。
ブラジル産との違いを楽しむのも一興です。
ブラジル産のシトリンが自然放射線を浴びた「結晶」という感じなのに対し、ザンビア産は石や鉄のような感じです。




CITRINE(黄水晶)

65x30x27mm

60g

Zambia


DSC_0090_20201105192104f7f.jpg


DSC_0128_20201105192106cd2.jpg


DSC_0129_20201105192108736.jpg


DSC_0130_202011051921094f1.jpg


DSC_0132_2020110519211147d.jpg


DSC_0087_20201105192102d14.jpg


DSC_0088_20201105192103f62.jpg


DSC_0137_202011051921122b4.jpg


DSC_0139_20201105192115107.jpg


DSC_0138_2020110519211437c.jpg






石英の中で黄色い水晶のシトリン(黄水晶)は、黄色い柑橘類のシトロンから来ています。天然のシトリンはとても少ないため、放射線処理されるものが一般的です。熱処理がされていなシトリンはブラウンカラーに近く、自然なシトリンは稀で貴重です。

古来より強力な金運をもたらす石として信じられ、商売繁盛や富を運ぶ「幸運の石」として重宝されている鉱物です。神経をリラックスさせ、ストレスから解放する力があると言われています。




アフリカの暑い日差しを浴びたようなザンビアシトリン。シトリンはいかにも太陽の国アフリカらしい石だと思います。大地溝帯エリアの石はメタフィジカルなサインを持つものが多いようで、ザンビアシトリンやコンゴシトリンには、モンドクォーツのような大きなウィンドウを持つポータルクォーツがよく見られます。ただの水晶やシトリンではない、メッセージ性のあるクォーツで、このエリアが人類発祥と深い関わりがあることから、いくつか集めてみました。

どことなく蛍光色を含んでいるザンビアシトリン。蛍光色には宇宙的な、啓発するような刺激があります。大きさの割に重く感じられ、引き締まった筋肉質の体のようなたくましさがあります。




Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >