ダルネゴルスク・クォーツ トリプルクロス、DT、シンギング 月と石英 ロシア・ダルネゴルスク産 164g/ ポイント水晶・結晶原石

ダルネゴルスク・クォーツ トリプルクロス、DT、シンギング 月と石英 ロシア・ダルネゴルスク産 164g/ ポイント水晶・結晶原石

型番 CRY0664PO
販売価格 26,400円(税込)
購入数

   
ダルネゴルスクから届いたクォーツ・クラスター。
まるで月の光のような輝きを持ちます。

初めて出会った時に強烈に惹かれ、月の光のようなシルバーの輝きに驚きました。
ダルネゴルスク産は成長干渉があるため奇妙な形の水晶が多いのに、こんなに真っ直ぐにクリアに成長した水晶もあるのだなあと。

銀色のようでくすんだゴールドのような透明感のある輝きは月の光そのもの。
とてもエレガントでフェミニンな水晶です。


ポイントにはたくさんの石英が付着しています。
ポイント途中から生えたクラスターはヘデンバーガイト・イン・クォーツにも見られるもので
ダルネゴルスクと内モンゴル産のクォーツに特徴的です。

こちらはダブルターミネーションで、複数ポイントを持つETクリスタル。
そしてシンギングクリスタルなのです。
表面には成分の付着や模様が見られますが、中身はとてもクリアなのかもしれません。
三つのミニポイントが交差しており、さらに大きなポイントも乗っかるようにクロスしているレアなポイント・クラスターです。

ファセット下に大きなキーが入っています。
他のポイントもこの辺りに衝撃があったり、干渉の跡があるものが多いです。
成長して表面はきれいでも中に白い跡があったり、そのまま残っている物もあります。
こちらは成長干渉水晶ではないですが、干渉の痕なのかなあと思います。
ダルネゴルスク・クォーツは、激しい干渉の繰り返しを乗り越えて成長しているのかもしれません。


石英の粒はまるでリビア砂漠の砂のよう。
キラキラと光り、月の表面のようなシルバーな輝き。

表面にはたくさんの斑点のような水玉模様が現れているのですが、これは成分の付着ではなくて、もしかしたらグリフなのかな?と思います。

たくさん並んだダルネゴルスク・クォーツを眺めていると、北を指しているような、まるで北極星を指しているような伸びを感じました。

調べてみると、水玉模様のようなグリフはポラリス(北極星)という情報があり、驚きました。


まるで月の石のようなたくさんの石英。
月の地質の半分はSiO2(二酸化珪素)だそうで、石英は二酸化珪素が結晶化したものです。

ということは、月の地質の半分は石英の成分から成り、石英に月の表面のような銀色の輝きがあるのも、それを感じるのも、月にはたくさんの石英があるからかもしれないのですね。


私のリーディングでは、月はシリウスと深い関係がありますが、そこに北極星も関わって来るようです。
シリウス、月、北極星とたくさんのメッセージを持つダルネゴルスク・クォーツ。

ヒーリングやチャネリングに適した大きくてきれいな水晶はダルネゴルスク産ではあまり多くないと思います。
月やシリウスなど様々な星とのチャネリングによいでしょう。




Interference Quartz, Crystal Point(成長干渉水晶、クリスタル)

133x77x46mm

127g

Dalnegorsk, Russia


DSC_0082_202011192123021cc.jpg


DSC_0083_20201119212304b6d.jpg


DSC_0085_202011192123047c2.jpg


DSC_0084_2020111921230560b.jpg

DSC_0091_20201119212305191.jpg


DSC_0090_202011192123066e5.jpg


DSC_0093_20201119212308c75.jpg


DSC_0095_20201119212309439.jpg


DSC_0096_20201119212311a84.jpg


DSC_0098_2020111921231282b.jpg






ダルネゴルスクの水晶はカルサイトなど他の鉱物が成長時に干渉するため、とても奇抜な形をした水晶が生まれます。インターフェレンスクォーツ(成長干渉水晶)とも呼ばれています。産地の特徴は同緯度にある西の内モンゴル産と近いものがあります。ダルネゴルスクの市章は水晶のロゴで、植物のような珍しい形の水晶の名産地でもあります。

ダルネゴルスク産と内モンゴルの水晶は、産地も比較的近いためよく似た特徴を持っています。
ユーラシアにはシリウスのエネルギーが降っていたそうですが、この二つの産地にはどこか植物のようなフォルムがあり、シリウスのサインを感じます。




こちらが入荷したのは一年前、去年の年末なのですが、去年の今頃はシリウスのエネルギーが降って来るのを強く感じていたのでした。一年経ってコロナが2020年を覆いつくす中、またこの時期にシリウスを思わせる石をリリースするのはこの時期だからというのもあるでしょう。

秋冬は植物が枯れ、植物にとっては死の季節です。人間の訃報も多くなり、生命の終わりの季節でもあるかもしれません。去年入荷したのにずっと出品する気になれなかったのも、この石が生命のサイクルのようなシリウスのパワーに呼応しているからかもしれません。去年の今頃は内モンゴル産のシリウス・ソウル・クォーツがたくさん入荷していました。

キラキラと眩しく光る石英の粒を見ていると、月の表面を見ているかのようです。私の中で月の石のようなダルネゴルスク・クォーツ。石英質のリビア砂漠があるサハラ砂漠は、月の衝突「ジャイアント・インパクト」が起きた場所なのでしょうか?また、北極星との関連は何を意味するのでしょうか?

北極星は地球の地軸の先にある星で、北極に一番近い星を指します。天体の歳差運動のため、北極点も移動し、北極星も何千年毎で変わるそうです。

地球の傾きは月の衝突によるジャイアント・インパクトによって生まれたと言われます。北極星との関連も、月の衝突を示唆しているのかもしれません。

ヒーリングを通してトラウマのことを考えると、月の衝突こそ私たちの生命の母体である地球の最大にして最古のトラウマだろうと思います。これによってやがて私たちの生命が誕生し育まれることになるわけですが、地球上に生きる私たちはそもそもその宿命から逃れられないのかなと思います。


Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >