ヘマタイト&フローライト・オン・クォーツ Sirius Soul Quartz 内モンゴル産 700g/ クラスター水晶・クリスタル

ヘマタイト&フローライト・オン・クォーツ Sirius Soul Quartz 内モンゴル産 700g/ クラスター水晶・クリスタル

型番 QRZ0422SP
販売価格 46,200円(税込)
購入数

   
ヘデンバーガイト・イン・クォーツと同じ産地
内モンゴル産のクォーツ・クラスター。

ヘデンバーガイト・イン・クォーツのようにきれいなファセットに
蝕像が入ったようなエッチドクォーツ。
これは熱水や酸によるものと言われています。

頂点付近のファセットには、ヘマタイトのドットが付着しています。

クラスターの影に隠れて、クリアなフローライトも共生しています。

ヘマタイトの影響でグレイッシュな輝きですが、オフホワイトな白さもあり
グリーンクォーツの色味も入っているように見えます。
とっても不思議な雰囲気のあるクォーツです。

中身はとても透明で、ポイントの反対側が見える程。
エッチングは柱面だけでファセットはとてもクリア。
ファセットから中が見えます。

舟のような形をしていて、裏面は軽く平らに研磨されています。

不思議な透明感と色味、柱面だけの蝕像、ポイント先端部に集中したヘマタイトなど
なぜそうなるのか?とこちらに問いかけて来るような不思議さが
内モンゴル産のシリウス系の石らしいと思います。

何か特別な成分が入っているわけでもないのに、「こんな石初めて!」と驚かされるのが内モンゴル産。
柔らかな雰囲気は月のような銀色の輝きと母性的な柔和さによるもの。
クォーツなのに柔らかなエネルギーは、水晶の概念を覆してくれます。


内モンゴルの不思議なクォーツはカルサイトの干渉で形成されたものが多いです。
また、ヘデンバーガイト・イン・クォーツやこちらのようにグレーの水晶が多いですね。
それが色味によってグリーンクォーツになったりします。
グレーの色がヘデンバーガイトによるものなのかはわかりませんが。


内モンゴル産のクォーツは鉱物的にも面白いのですが、きれいなものは限られています。
厳選したのをご紹介しております。




Hematite and Fluorite in quartz cluster (ヘマタイト、フローライト付き水晶)

140x70x70mm

188g

Inner Mongolia, China
(中華人民共和国内モンゴル自治区)


DSC_0468_20201214230852287.jpg


DSC_0448_20201214232541b3f.jpg


DSC_0435_202012142308533bf.jpg


DSC_0433_202012142308527fc.jpg


DSC_0447_202012142323325d4.jpg


DSC_0437_20201214230853af8.jpg


DSC_0436_20201214230851d69.jpg


DSC_0464_20201214230853213.jpg


DSC_0462_20201214230853bda.jpg


DSC_0451_20201214230853f16.jpg




セプタークォーツは、マスタークリスタルとも言われ、高次元へのアクセスを促すと言われています。Scepterは王や僧侶の持つ杖の王笏に由来し、Scepterという言葉自体が王権や王位を意味します。王笏の形に似たセプタークォーツ。王笏が常に天を向き、天高く掲げられるイメージから、高次元との繋がりが連想させられるのでしょう。セプターはジェネレーターが多いことからも、エネルギーの高さ、安定感がわかります。

ベータクォーツ(β石英)は、六方晶系の高温型石英で、1気圧、573℃で三方晶系の低温型石英から変化します。柱面を持たない上下ファセットのみのそろばん型の水晶で、セプタークォーツ同様きれいなジェネレーターがほとんどです。

内モンゴルで多く発掘されますが、アフリカやインド、ブラジルでも発見されています。セプタークォーツやベータクォーツにアメジストが多いことを考えると、内モンゴル産がいかに個性的で独自の形成過程を持っているかわかると思います。

同産地のヘデンバーガイト・イン・クォーツもセプター/ベータクォーツの一種だと思います。




去年の秋から内モンゴル産のクォーツを集めており、集めながらシリウスのエネルギーが降り注がれているのを感じました。ちょうどコロナの感染が始まった時期と一緒で、何だかなあと思います。この石のことを調べる中で出て来たSirius Soul Quartzというヒントは、この産地についてだけでなく、シリウスと地球の成り立ちに関してとても多くのインスピレーションを与えてくれました。

内モンゴルといえば中国国内の自治区なので、あまり目立った情報はないのですが、内モンゴル自治区の形が日本列島とよく似ていることをご存じですか?この地の一連の水晶を集めて見えて来たのは、内モンゴルの赤峰市の鉱山地帯は、ヘデンバーガイトの鉱床があるのではないか?という直感です。

ヘデンバーガイトはまたの名を灰鉄輝石といい、鉄成分を含み、翡翠と同じ輝石グループなのです。なので、クォーツに入ると翡翠のような緑色になり、外に出ると鉄分の塊が付着しているものが多く見られます。ヘデンバーガイト・イン・クォーツは、「水晶化した翡翠」とも呼べる荘厳さがあり、この産地の水晶に薄っすらとしたカーキ色のグリーンクォーツが多いのも、ヘデンバーガイトの影響があるのではないかと思われます。

また中国大陸のこのエリアまで、パンゲア大陸の時代に海だった所だと思われます。中国内陸部までアンモナイトの化石が発見されており、中国南部の平野部にまるで削られたように高低差の山々があるのは、海水の侵入による影響かと思います。海水が侵入したエリアは貝の死骸によるカルサイトを蓄積しますので、カルサイトの影響が残る鉱物が生成されたのかなと思います。

中国大陸の内奥で最初に海水が引き始めた内モンゴルエリアが、一番古い海の記憶を残している可能性もあります。アメリカ大陸の内陸部のユタ州が古生物の化石が豊富なのと同じです。







Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >