ピンクアメジスト オベリスクタワー レムリアン・ピンク ブラジル・リオグランデドスール州産 240g/ 研磨ポイント・ヒーリング

ピンクアメジスト オベリスクタワー レムリアン・ピンク ブラジル・リオグランデドスール州産 240g/ 研磨ポイント・ヒーリング

型番 AME0525PO
SOLD OUT
   
ピンクアメジストのポリッシュポイントです。

ブログでもお伝えしたレムリアンカラーのピンクアメジスト。

アルゼンチン産のハイクオリティなピンクアメジストとは違って、大きな岩の中にクローライトやクォーツなど様々な成分と共生しています。

混合物が多いので、ポリッシュするととてもイマジネーション豊かなデザインを生みます。


こちらはピンクアメジストの桃色がたくさん入っていて、中々の美品だと思います。
アメジストの紫が薄いグレーになっていて、いいんですよね。
パステルカラーのトーンにうっとりします。

元々は水晶やアメジストなので、とても強度が高いです。
重さがあり、強固です。


最近ポイントやタワー型のポリッシュが気になるのですが、何でしょうね?
宇宙との交信、北極星を指しているような地軸の傾き?シリウス?
よくわかりませんが、ポイントに強く魅かれる今日この頃です。




Pink Quartz, Pink Amethyst(桃色水晶)

100x57x39mm

240g

Rio Grande do Sul, Brazil


DSC_0135_20210121160359484.jpg


DSC_0136_20210121160401590.jpg


DSC_0139_20210121160402c28.jpg


DSC_0142_20210121160403971.jpg


DSC_0141_20210121160405923.jpg


DSC_0147_202101211604098ef.jpg


DSC_0146_20210121160645a23.jpg


DSC_0143_2021012116040664a.jpg


DSC_0148_2021012116040858f.jpg


DSC_0149_20210121160411121.jpg





鉱物の形成の過程で水晶が紫色になったものが紫水晶=アメジストです。この紫は天然の放射線の影響だということが近年発見されました。パープルの色が濃いほど貴重で、熱処理をすると黄色になりアメトリンやシトリンと称して流通していたりします。

アルゼンチンで発掘されるピンクアメジストは、2017年に発見された新しいアメジスト。白いカルサイトが共生しているものもあり、UVライトで蛍光すると言われています。

続いてブラジルでも発見されるようになりました。ディープパープルのハイクオリティのアメジストの産地でもあるウルグアイに接するリオグランデドスール州で、クローライトなどと共生するピンクアメジストが発掘されています。




ブラジルの東側には自然放射線がとても高い地域があり、日本の6倍以上なのだとか。南米は元々そういうエリアで、地殻ではさらに高い放射線が水晶たちをとてもカラフルにしているのかもしれません。

人が癒される色は実は様々なのかなと思います。青い石の輝きで癒される人もいれば、桃色が癒しになる人もいる。明るいイエローやグリーンに癒しを感じる人もいます。青い石はどちらかというと精神的な癒しで、ピンク色は感覚的な癒しのような気がします。イエローやグリーンは思考の疲れに効くような。どの色もそれぞれのバイブレーションを持っており、私たちに強く訴えかけて来ます。

ブラジルのピンクアメジストがクローライトと共生するのは興味深いです。癒しの力が強い緑色のクローライトは、ピンクと同様ハートチャクラの色。この二つの色味が揃ったリオグランデのアメジストはまるで心臓のためにやって来たような石です。

今私たちにこの石がやって来たのは、ハートの温かさが必要とされているからでしょうか。地球温暖化は地球がどんどん熱くなっていることになりますが、それは地球の意思もあるのかもしれません。



Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >