スターシード/スターブラリー・クォーツ Corinto ブラジル・ミナスジェライス州産 61g/ クリスタル・ポイント水晶

スターシード/スターブラリー・クォーツ Corinto ブラジル・ミナスジェライス州産 61g/ クリスタル・ポイント水晶

型番 CRY0120PO
販売価格 16,500円(税込)
購入数

   
ブラジスのミナスジェライス州のコリントの水晶ポイント。

ゼカジソウザ産で有名なスターシード/スターブラリー。
ゼカジソウザはコリントにある鉱山です。

こちらは同じコリント産のスターシードで、コリントもスターシード/スターブラリークォーツの産地の一つです。
産地が近いので、やはり同じような輝きと照りです。


スターシード/スターブラリークォーツは、ウォータークリアなポイントで、サーモグラフィーのような虹もよく出るだけでなく
一面おきに現れる流星のようなグリフや、ファセットのたくさんのレコードキーパーなど
とても強い輝きとメッセージを持つクリスタルです。


ファセットにはレコードキーパーではなく大きな成長丘が出ています。
天頂は少し凹みがありますがタビーで、ファセットにはイシスが入ってます。

グリフはモールス信号のようなグリフと、右下へ斜めに入る線のグリフが出ています。
この斜めの線\はモンドクォーツにもよく出ていて、フロスト状の柱面もモンドとよく似ています。

モールス信号のような棒線のグリフは、結構強いアンカーになるようで、私が初めてスターシードを知ったのもこのグリフからでした。

他のグリフよりも人工的な感じがしますよね。
グリフの中でもアクセス度が高いのではと思います。

あと、線ではなく面が広がったような跡も無視できません。
流星のような線が何かのイベントのような衝撃の痕跡だとしたら
広がったような面はもっとじんわり長い時間をかけて起きた緩衝のようなものではないかなと考えてます。
何世代にも渡ってとか、別の次元とか。

以前販売したこちらの解説が参考になると思います。

虹も入っており、キーの部分もトライゴーニックのようなグリフが見られます。
ゼカジソウザ産のような特定鉱山のブランドではないので、お求めやすい価格になっております。


日本ではほとんど定着してないようですが、海外ではスターシード/スターブラリーとして流通しています。
私も2018年にスターシードとは特別な出会いがありずっと大きな影響を受けていますので、スターシードとしてご紹介させて頂きます。

潤いがあり過ぎて油分のように照りっ照りの輝きは、この産地特有のものだと思いますが、オイリーな潤いタイプとアイシーなフロストタイプの二種類あるようです。

圧倒的な存在感と重量感があり、まるでジュエリーのような完成度。
見た目よりも重いと思います。

スターシードの場合は、表面の干渉はすべて辞書のような記号になります。
強い輝きによって、それらの記号が強く脳に刺激する感じです。




Clear Quartz Crystal, Starseed/Starbrary Quartz(水晶)

72x25x20mm

61g

Corinto, Minas Gerais, Brazil


DSC_0392_202102091626358fe.jpg


DSC_0372_20210209162540a13.jpg


DSC_0365_20210209162538cac.jpg


DSC_0363_2021020916253733e.jpg


DSC_0369_20210209162543ee9.jpg


DSC_0390_20210209162544f8e.jpg


DSC_0383_20210209162541d0b.jpg


DSC_0384_2021020916273946e.jpg


DSC_0364_20210209162932de2.jpg


DSC_0395_20210209162634661.jpg





スターシード/スターブラリーと呼ばれるクリスタルは、柱面に様々な模様(グリフ)を持ち、宇宙の記憶を持つと言われています。グリフが柱面の一面置きに表れるのが特徴で、グリフと条線の面が交互になっています。大体柱面の正面は条線、左右にグリフ面が現れ、背面がグリフの場合が多いです。グリフは柱面の上部や辺に集中します。

スターシードはレムリアンシードのように「星の(記憶を持っている)種」という意味だと思いますが、スピリチュアルの世界では「他の惑星から来た魂」として広く使われているため、「星の図書館」を意味するスターブラリーを伴うことが多いです。

産地は、ミナスジェライス州のコリント、ゼカジソウザ、シポ産が有名です。稀にトマスゴンサガ産にも見られます。ゼコジソウザもコリントにある鉱山ですが、透明度の高い水晶を産出する産地としてコリント水晶とは区別されているようです。

ゼカジソウザは2016年にも発掘されたのですが、その後ずっと産出されませんでした。そのため幻の鉱山と呼ばれていましたが、2019年にまた新鉱山が開いたようです。




スターシード/スターブラリー・クォーツは、宇宙の記憶を持ったクォーツです。レムリアンシードが地球上に起きた超古代文明の記憶を持つと言われているのに対し、スターシード/スターブラリーはそれ以前の宇宙からやって来たソウル(魂)の記憶を宿していると言われています。入植前の情報や記憶なので、もう一つ上のステージになります。柱面にグリフが一面おきに交互に現れるのが特徴で、星やソウルが飛来しているような干渉やシンボルが私たちの潜在意識を刺激し、過去に関する様々なイメージを呼び起こして行きます。

グリフには様々な惑星の名前が付いているようですが、それよりもグリフが水晶の強い光や響きによって浮かび上がる時、私たちの潜在意識に強く訴えかけて来ます。潜在意識は図形や記号、ラインの世界ですので、水晶に現れる様々な模様は、私たちの潜在意識をとても刺激し活性化させます。

地球にはかつて白亜紀というカルサイトの時代があり、カルサイトの浸食を受けている水晶には、地球の活動の記憶も刻まれているのではないかと思うことがあります。熱水や酸などでグリフが生まれるらしいのですが、とても強く魅かれるグリフや輝きを持つ水晶は、大抵カルサイトの関わりがあり、その跡が見られます。

ただの鉱物の模様に見えるものでも、それも地球の地殻活動のミクロの痕跡であり、その軌跡が私たちがどこから来たのかという問いに対して僅かながらもヒントを与えてくれることがあるかもしれません。

輝きの透明感や個性的な形状は、南米のモンドクォーツといった感じです。文明の礎を築いたプレアデス系の明るく快活で建設的なイメージです。「ヴィジョンクォーツ」というこの石の別名らしく、モンド同様潜在意識のような脳を刺激する石のようです。




Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >