カリビアン・ブルーカルサイト ブルーアラゴナイト Lemurian Blue パキスタン産 71g/ハート・ヒーリング

カリビアン・ブルーカルサイト ブルーアラゴナイト Lemurian Blue パキスタン産 71g/ハート・ヒーリング

型番 CAL019PS
SOLD OUT
   
ブログでもご紹介したカリビアンブルーカルサイト。

カリビアンでもなく、カルサイトでもないようなのですが、イメージだけで付けられた名前が石の雰囲気にぴったりだったんでしょうね。
すっかりこの名前で流通しています。

本性はブルーアラゴナイトらしいのですが、ブルーアラゴナイト自体大変希少で貴重なのだそうです。

アラゴナイトはカルサイトのお仲間なので、カルサイトの成分も入っていてもおかしくないと思います。


産地はパキスタンで、バローチスターン州のスワット渓谷という渓谷付近だそうです。
(スワット渓谷ではなく、名所が目印のようです)

スワット渓谷はヒマラヤ山脈の北の付け根の辺りにあります。

こちらはブルーグリーンのカリビアンブルーカルサイト。
ブルーとグリーンの二種類あるようで、また透明なものと不透明なものがあります。
グリーンが強くてアラゴナイトのないものは、ピスタチオカルサイトと呼ばれているようです。

こちらは鏡面磨きになってるので、安心してご利用出来ます。

光にかざすと、ラリマーのようなブルーになります。
柔らかい癒しのエネルギーをご堪能ください^^




Blue Aragonite(霰石)

59x52x17mm

71g

Near Swat valley, Balochestan, Pakistan


DSC_0048_20210228213811832.jpg


DSC_0047_20210228213810aa1.jpg


DSC_0045_20210228213809dc7.jpg


DSC_0044_2021022821380793d.jpg


DSC_0055_202102282138054c5.jpg


DSC_0054_20210228213804a74.jpg





アラゴナイトはカルサイトのお仲間のカルシウム。貝化石から作られるアラゴナイトカルシウムというのもあるそうです。そのカルサイトと一緒にドロマイトの石灰層でも産出されます。

古代メソポタミアのシュメール人はアラゴナイトに絵を彫り印章を作っていたそうで、楔形文字の手紙に押印していたとか。アラゴナイトには一説には人脈の石と言われているらしく、人と人を繋ぎ人気を高める力があるようですが、古代人が手紙の印章にアラゴナイトを使っていたことから生まれたのかもしれませんね。

ブルーアラゴナイトは、ラリマーによく似ているため模造品としてしばしば登場します。ブルーのアラゴナイトはラリマーと見間違えるほど美しいため、高く評価されています。




2020年のニューストーンとしてリリースされたカリビアンブルーカルサイト。コロナ禍のため、あまり日本の市場には出回っていないようですが、素晴らしいブルーのため、大変な人気です。色も雰囲気もラリマーによく似ていますが、石の効果の点でもラリマーのような石だと思ってもいいのではないかと思います。子供のようなピュアネスに満ちていて、ラリマーの産地のカリブの海のような陽気なブルー。ラリマーが人気のためラリマーに代わるようにして出て来たのかなと思ってしまいます。しばしば宝石のような扱いになるラリマーよりも、カリビアンブルーカルサイトの方が親しみやすいですね。

カルサイト(アラゴナイト)のブルーも青味が濃いものから、パステルグリーンのような緑色に近いものまで様々です。アクアマリンに青いものから緑色のものまであるのと同じ感じでしょうか。また、透明度のあるものと不透明なものがあり、採掘した石や場所によって全然違う状態で出て来るようです。

Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月水金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >