カイラス・クォーツ ヒマラヤ水晶 カテドラル クローライト チベット・カイラス山産 109g/ クリスタル・ポイント水晶

カイラス・クォーツ ヒマラヤ水晶 カテドラル クローライト チベット・カイラス山産 109g/ クリスタル・ポイント水晶

型番 CRY0459PO
販売価格 88,000円(税込)
購入数

   
透明度の高い良質な水晶が採れるヒマラヤ産の水晶
チベットにあるカイラス山で採れたカイラス水晶です。

カテドラルのカイラスクォーツはまるでカイラス山のように見えます。

こちらはクローライトやマイカが付着したカテドラル。
ヒマラヤ連峰のような形が美しく、白さや透明感もあるハイグレード。


少し放射線の影響があるようで、薄っすらスモーキーアメジスト。
この色合いが石をとてもフェミニンな雰囲気にしています。

表面の色合いのため透明度がわかりにくいかもしれませんが、中はクリアです。


カイラスクォーツはいくつか種類があるようです。
ハーキマーのようなクリアな両剣タイプやこちらの薄っすらスモーキーなカテドラルなど。

淡い薄紫色のカイラスクォーツはちょっと独特で、この不思議な色合いに衝撃を受けました。

全く個性が違いますが、どれもきちんとセルフヒールドされているのが、癒しの力の聖山の石という感じがします。


カイラス山は、仏教(特にチベット仏教)、ボン教、ヒンドゥー教、ジャイナ教で聖地とされるとか。
詳しくはウィキに載っていますが、聖地の石に弱い店主です(^^ゞ

やはり聖地は土地のエネルギーが強い所に集まることが多く。
エルサレムもですが複数の宗教が奪い合う程、聖地には特別な意味があると思うのです。
カイラス山も多くの宗教の聖地になっており、考えてみるとインド周辺は宗教の発祥がとても多いですね。

高山地帯の鉱物採取は想像を絶する厳しさです。
カイラス山の採掘も聖地故厳しい規制が敷かれているそうです。




Clear Quartz, Rock Crystal(水晶、クリスタル)

78x44x37mm

109g

Kailash, Tibet

卸元解説書付き


DSC_0152_20210613180825821.jpg


DSC_0153_202106131808231df.jpg


DSC_0155_20210613180827c4d.jpg


DSC_0158_20210613180828beb.jpg


DSC_0161_202106131808308f1.jpg


DSC_0165_20210613180832d87.jpg


DSC_0166_20210613180832445.jpg


DSC_0181_20210613180834ccb.jpg


DSC_0185_202106131808366d8.jpg




インド亜大陸がユーラシア大陸にドッキングして生まれたヒマラヤ山脈。その激しい造山活動によって生まれたのがヒマラヤ水晶です。地中の亀裂(ベイン)に染み込んだ石英から生まれる水晶は、小さなポケットが多く、一度にたくさん採れません。ヒマラヤ水晶は様々な形をした個性的な水晶が多いのですが、違うベインからは異なる形の水晶が発掘されるためだとか。そのため、バラエティに富んでいてユニークな形が多いのでしょう。

【卸元解説】仏教では、周囲の峰や聖なる湖で形成される曼荼羅の中心にそびえる須弥山として崇められ、チベット語でカン・リンポチェ(尊い雪山)、カンティセ(魂の山)と呼ばれる聖地「カイラス山」は、ヒンドゥー教では、山頂でシヴァ神が女神パルヴァティと共に瞑想するという伝説が残る神々の山です。

さらに、ボン教、ジャイナ教など多くの宗教の聖地でもあるため、標高6,656mの単独峰・カイラスは多くの信者が憧れる巡礼の山として篤く守られ、現在も登頂を許されていない未踏峰の聖山です。

1930年代、イタリアのチベット学者はカイラスを「世界の中心として天と地を繋ぎ、神々が住まう水晶の宮殿」と紹介。かつてチベット仏教の僧侶は霊山の水晶をいただくことを尊い修行のひとつとしていました。

ネパール側から入境し手掘りで採掘される水晶は、雪のように純白の根元から上部に向かって清らかな透明に変化、表面をうっすら覆う褐鉄鉱により朝日を浴びたように金色に変化した結晶も見られます。





カイラスクォーツのことを調べていると、上に昇るエネルギーがあるという感想を見つけたのですが、人差し指を上に向けているようなクォーツがあったり、まさにカイラスクォーツのその性質を表しているものだと思います。ぐんぐんと上に昇るエネルギーによって築かれた独立峰のカイラス山。天へ上るエネルギーがとても強いのだと思います。

サンスクリット語で「水晶」を意味するカイラス。独立峰の見た目が似ているからか、水晶がたくさん採れたのか、その両方なのかもしれません。上へぐんぐん伸びる水晶の性質そのままのネーミングのカイラス山。多くの宗教の信者がそこに神秘的なものを感じたのは、何か他と違ったものを感じるからでしょう。

カイラスクォーツは不思議なことに、どこかフェミニンな石のような気がします。慎ましさのあるハーキマータイプや、薄っすらアメジストかかったカテドラルなど、どれも柔らかみのある輝きです。ネパールやパキスタンの方で採れるヒマラヤ水晶よりも女性的な感じがします。もともとヒマラヤ水晶は水気が多いのですが、強い水気よりも柔らかみや明るさのある雰囲気で、チベットの方にあるせいでしょうか?大分雰囲気が違いますね。

この柔らかみが慈愛に満ちた光のようで、癒しの力になっています。一方でデジタルのような縦と横に細かく隆起したラインは、まるで細胞分裂のような意識を感じさせます。








Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月水金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >