珪化木 コラウッド 結晶入り! ジェムシリカ トルコ産 17g/ フォッシル・ペトリファイドウッド

珪化木 コラウッド 結晶入り! ジェムシリカ トルコ産 17g/ フォッシル・ペトリファイドウッド

型番 PWD0216FS
SOLD OUT
   
トルコ産の珪化木で、石化し珪化した部分がクリソコラやジェムシリカになったもの。
コラウッド(Collawood)と呼ばれています。
コラはクリソコラのコラです。

珪化木からジェムシリカやクリソコラが出来るということは、クリソコラやジェムシリカも太古の昔の森林地帯で地層に埋まった枯れ木から生まれた可能性もないでしょうか?
何だか自分がクリソコラやジェムシリカに強く惹かれるのも納得です。


セラーさんによると、このジェムシリカのある珪化木は、たった一本の大木からしか採取されないそうです。
採取が終わったら終了になります。

また、化石のため乾燥しているのでそのままだと本来の色が出ないので、水に漬けると色が出るそうです。


こちらはなんと!クリソコラの粒状の結晶が出来ているのです!
ジェムシリカになっている部分まであります。

珪化木ファンにはとっておきの一品です。
コレクターの方にどうぞ。




Collawood, Petrified wood(珪化木)

43x31x30mm

17g

Zile, Tokat Province, Black Sea Region, Turkey


DSC_0580_20210830015703792.jpg

DSC_0581_2021083001570447f.jpg

DSC_0584_20210830015706bf9.jpg

DSC_0591_20210830015707abe.jpg

DSC_0594_20210830015708184.jpg

DSC_0592_20210830015710d2a.jpg

DSC_0597_2021083001571198e.jpg




珪化木(ペトリファイドウッド)は古代に土砂などに埋もれた樹木が長い年月を経て化石化したものです。形はそのままで化石化の過程で置換によって成分が入れ替わり、シリカ(二酸化ケイ素)化して石英や水晶のように固く石化しました。同じく地中に埋もれた植物によって出来る石炭と同じ地層で発掘されることが多いようです。石化していますが元は木の組織なので、衝撃には弱いようです。

世界各地で発掘され、木目を残し内部がクリアに石化したものは観賞用として人気が高く高値で取引されます。ヒーリングとしてもグラウンディングに最適と言われています。太古の樹木によって出来ていることから、瞑想ツールにも利用され、地球環境への配慮や調和を意識する気持ちを促します。




グラウンディングや気持ちの安定によいと言われる珪化木。現実的な思考をもたらし、ビジネスでの成功をもたらすとも言われています。それは樹木が大地に根を張り、多くの花を咲かせ実を成らすからかもしれません。また、過去との繋がりを蘇らせ、過去の記憶を思い出させるとも言われています。過去への回帰はフォッシルウッドだけでなく、フォッシルシェルなど化石系ならではと言えるでしょう。

生きていた頃よりも化石となってからカラフルに生まれ変わるのが不思議です。ジェムシリカの蛍光ブルーは海の癒しの色でもあり、女性性に訴えかける色でもあります。また、知的さと冷静さを持つネオンブルーは、新技術によって次世代のフェーズの到来を予感する色でもあります。時代は垂直に伸びて進んで行くだけでなく、ネットワークのように横に広がり多元化して行きます。それは女性的なエネルギー特有の働きです。

クリソコラやジェムシリカの癒しの色が樹木由来の成分であるとしたら、大昔の森林地帯から生まれた可能性もあるかもしれませんよね。ジェムシリカの産地は、米国アリゾナ州やペルーです。アリゾナは砂漠ですが、ペルーは高山地帯。どちらももしかしたらかつては深い森に覆われていたのかもしれません。グーグルマップで見る限り、ペルーは緑色に覆われています。

クリソコラやジェムシリカの癒しの力が太古の昔の木々のエネルギーでもあるとしたら、この石に癒しの力があるのもわかります。海のような色をしているのに、樹木から生まれるのも神秘的です。








Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月水金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >