アポフィライト ブルーカルセドニー スティルバイト インド産 45g/ 鉱物・結晶原石

アポフィライト ブルーカルセドニー スティルバイト インド産 45g/ 鉱物・結晶原石

型番 APO0375SP
販売価格 7,920円(税込)
購入数

   
クリアな輝きは水晶のようなのに、水晶のような硬質さはなく
剥がれ落ちた皮膚のような儚さと薄さを感じさせるクリアアポフィライト

そのため水晶のような構築された建築物のような骨組みや世界観は感じさせませんが、破片が降り積もって積み重なったような蓄積を感じさせます。

ダイヤ面がとても多くて、そういう意味では女性的かもしれません。
照り照りの艶やダイヤ面は、ダンビュライトにも似た感じがあります。
フローライトとの関連も指摘されています。


アポフィライトの群晶。
ピンクや白のスティルバイトも少し入っているようです。

下の方には小さくブルーカルセドニーの玉髄の結晶が入っています。

小ぶりなコレクションサイズですが、透明なポイントの輝きも見え、また魚眼石と言われる剥離したような面や随所に虹が入っていて、コンパクトなクラスターの中に鉱物的な要素が満載です。



Apophyllite(魚眼石)

53x34x24mm

45g

Jalgaon, Maharashtra, India


DSC_0877.jpg

DSC_0879.jpg

DSC_0884_20210906230720805.jpg

DSC_0881_20210906230719c8c.jpg

DSC_0870_2021090623072288a.jpg

DSC_0871_20210906230723a0e.jpg

DSC_0874_202109062307252e6.jpg




魚眼石とも呼ばれるアポフィライト。魚の目のように白く光っていることから付いたのだとか。ゼオライトのような沸石類と一緒に産出されます。ギリシャ名の"Apophylite"は加熱すると葉っぱのように割れることから命名されました。

古来より「霊力を授ける石」として崇められ、修行や儀式によく使われたそうです。精神的な自由や直感力洞察力を高め、大きな目標に向かって進む勇気を与えてくれると言われています。

肉体的には頭部や目の疲労に働きかけると言われています。




アポフィライトはJ・ダウ女史によりますと、フローライトの一員で、クリソコラがジェムシリカに進化したように、スピリチュアル的にその上位版に当たるのだとか。アポフィライトの多様さもあって、その難しさはこの石がスピリチュアル的に進化した形態の鉱物だからなのでしょうか。近年アポフィライトがたくさん発見されているのも、今の時代に合わせて何かを教えるようにやって来ている感じがするのですが、そのメッセージはまだ解読するには難しそうです。

アポフィライトは魂レベルの癒しを与え、惑星レベルで次のステップへ進化させるとあります。フローライトが精神体の「知」の癒しを与え、その知がコンピューターのように幾何学的で現実的なものであるのに対し、アポフィライトは、現実を超えた魂レベルの「知」を象徴するのだとか。やはりフローライトの進化した形態ということで、難解さが伴います。これはもう私たちの肉体や感覚を超越した世界の「知」の癒しなので、感覚的に理解するのはもう少し時代が進み、次元の開放が進むまで待つことになるかもしれません。

アポフィライトの古くからの言い伝えでも、メンタル面での解放感やスケールの大きさを感じます。肉体に縛られた現実から、スピリチュアル的な広い視野を与えるため、その効果を自覚する時は、物事が動いた「結果」から判断することになりそうです。

Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月水金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >