ザンビア・アメジスト ジェネレーター スノーキャップ ザンビア産 588g/ クラスター水晶・クリスタル

ザンビア・アメジスト ジェネレーター スノーキャップ ザンビア産 588g/ クラスター水晶・クリスタル

型番 AME201SP
販売価格 49,500円(税込)
購入数

   
ザンビアから大きなアメジストのクラスターが発掘されました。

アフリカ産のアメジストは小さいものが多く、こんな大きなアメジストのクラスターは驚きです。

しかもポイントがジェネレータータイプ。
内モンゴルやダルネゴルスクの水晶のようにシリウスのエリアで多いのです。
ザンビアでもこんな大きな水晶として出て来たのは、この地域にシリウスのエネルギーを感じていた私の直感を確かなものにしてくれました。


水晶の剝離面がザクザクと刻まれた立派なキー。
ファセットはスノーキャップアメジストのようにクォーツが結晶していて、キラキラとドゥルージーに。
また、それによって網目のような模様が出来上がっています。

まるで植物のような趣があるのは、シリウスらしい特徴。
座りのいいクラスターで、きれいなイシス面や将棋の駒のような七角形のファセットが印象的です。

ファセットはザラザラ、ボディは艶があって、存在感のあるクラスターです。



Amethyst (紫水晶)

111x83x81mm

351g 

Kariba Mine, Zimba District, Southern Province, Zambia


DSC_0200_202111162252330f8.jpg

DSC_0236_2021111622523116b.jpg

DSC_0235_2021111622521805c.jpg

DSC_0230_202111162252286ca.jpg

DSC_0229_202111162252195a7.jpg

DSC_0212_202111162252322a8.jpg

DSC_0210_20211116225222fc6.jpg

DSC_0209_20211116225422935.jpg

DSC_0222_202111162252331d2.jpg

DSC_0225_2021111622542458e.jpg




タンザニアやケニアのアフリカ東部の大地溝帯では、近年とても興味深い水晶が発掘されています。タンザニアでは、モンドクォーツ、ケニアではシリウスアメジストのような、独特の進化を遂げているような水晶体です。

アフリカではモンドクォーツやザンビアのホワイトクォーツ以外にクリアクォーツの情報があまりないですが、アメジストはナミビアやザンビアなど他の地域でも比較的高品質のものが採れるようです。

アフリカのアメジストは小さい物が多く、ケニアのシリウスアメジストのような大きな水晶はとても珍しいです。また、クラスターのように横に並ぶのではなく、縦に螺旋状に成長するのも独特です。そのため成長の方向がねじれてグィンデルになっており、覆われるようにエレスチャル化したりします。アフリカの水晶には目が離せません。




ケニア産のシリウスアメジストも大きなものがありますが、遠く離れたザンビアで大きなアメジストの登場には驚きました。産地はザンビアの南端で、ほぼジンバブエとの国境沿いです。ジンバブエは高品質なセプターアメジストが採れますが、ジュエリーのように小さいサイズ。アフリカの内奥で大きなサイズのアメジストのクラスターが採れるのは心底驚きました。

ザンビアはホワイトクォーツやシトリンなど比較的水晶に恵まれた産地なので、アメジストも眠っているのでしょう。クラスターの回転の仕方にシリウスアメジストの螺旋状に近い物を感じます。またザンビアシトリンのクラスターも渦巻状のものがあるので、この地域の特徴なのかもしれません。

南アのスピリットクォーツのクラスターも、横と縦に増殖してる傾向があって、うねりのようなものがある気がします。

新しい石が出て来ると、新しい概念の登場にワクワクしますね。時代の変化の先取りとして石は出て来ることが多く、時代の息吹を感じます。






Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月水金

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;





  
Top >