アズロマラカイト テイア 26ct./ルース・カボション

アズロマラカイト テイア 26ct./ルース・カボション

型番 AZM0105LS
SOLD OUT
   
群青色のアズライトに緑色のマラカイトが共生したアズライトマラカイト
アズロマラカイトとも呼ばれています。

アズライトもマラカイトも顔料になるほど鮮やかな色彩を持つ石。
両方とも古くより岩絵の具の顔料として利用されていた歴史を持ちます。

今回ルースで初入荷。2点のみ気に入ったものを見つけることができました。

珍しいマーキースカット。横にすると目のようにも見えます。
エジプトの御守りナザールボンジュウ(邪視)を思い出しました。

マーキースカットのようなダイヤ形がマイブーム。
こちらはラピスラズリのような鮮やかなブルーがセンターに入った高品質なタイプです。


深い海や宇宙のような紺色をベースにマラカイトなどのインクルージョンが踊るように入っているアズロマライカト。
とても幻想的なイメージを刺激してくれます。

アズロマライカトは原石もこちらにあって、石の鮮やかさに目を奪われます。



Azurmalachite, Azurite(藍銅鉱), Malachite(孔雀石)

34x15x6mm

26ct./5.2g

アフリカ産


DSC_0013_202005131907583db.jpg


DSC_0014_20200513190759227.jpg


DSC_0015_20200513190801705.jpg


DSC_0006_20200513190802e97.jpg


DSC_0005_202005131921450f4.jpg


DSC_0004_2020051319080530d.jpg





アズライトはクリソコラ同様、銅鉱床にマラカイトなどの他の鉱物を伴って産出します。マラカイトと混じり合って産出されることも多く、アズロマラカイトと呼ばれます。結晶は塊状のものから柱状のものまで様々な形で産出します。

ラピスラズリやソーダライトと同じく、古くから青い石は崇められて来ました。祈祷や予言などシャーマニックな石として特権階級に利用されて来た石でもあります。ラピスラズリ同様、青色の顔料としても貴重で、目や胆嚢の病気の治療にも用いられたそうです。アズライトは群青、マラカイトは青緑色の岩絵の具の材料としての歴史があります。




地球の成り立ちを考えていたらアズロマライカトをリリースしたくなりました。この深い群青色は星々が煌めく宇宙の色なのかもしれません。アズライトは濃い色になると限りなく黒に近い藍色。暗闇の宇宙が星の瞬きで光を取り戻し色を見せる時、少し青く見えるのかもしれません。

濃紺の宇宙の色の真ん中に青い海のような鮮やかなブルーが浮かぶこちらのアズロマライカトは、まるで宇宙に浮かぶ地球のようなものかもしれません。月を生んだ惑星テイアの衝突後、酸素や生命が生まれて行った原始地球。インクルージョンが欠片のようなデザインを形成するアズロマライカトはとてもにぎやかで、生命が誕生した原始の海のようです。種の誕生の時代はとてもエキサイティングだったろうなと思います。





Group

About the shop

神秘家、ナチュラリストの店主が、自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、メタフィジカルなリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月、木

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;







  
Top >