ソーラークォーツ 光と水の精 36.1cts./ ルース・カボション

ソーラークォーツ 光と水の精 36.1cts./ ルース・カボション

型番 SOL0681LS
販売価格 3,240円(税込)
購入数

   

瑪瑙の周囲にクォーツが形成されたソーラークォーツ

まるで雪の結晶のような白さと
太陽のようなサークル状の結晶を持ちます。

中心は年輪のように二重円三重円になっており
瑪瑙のような渦の中心はこちらのように穴が空いていたり
モスアゲートのような緑のインクルージョンが入っていたりします。

中心の年輪がクリアに表れ、結晶の透明度も高い
ハイクオリティなソーラークォーツをご紹介いたします。

中心部分が丘のように高くなっており
周辺部に広がるように流れて行きます。

サイドは切り株のようなラフな処理になっているのも魅力
ナチュラルテイスト満載のルースです。




鉱物名___SOLAR QUARTZ

サイズ___26X26X05mm

重さ____36.1cts./7.2g

石の処理__天然非加熱

製造国___インド



DSC_2557.jpg


DSC_2560.jpg


DSC_2562.jpg


DSC_2565.jpg


DSC_2568.jpg


DSC_2569.jpg





ソーラークォーツは瑪瑙の周辺が石英化(クォーツ化)した石と言われていますが、アナンダライトという鉱物の中心部分をカットしたとも言われています。アナンダライトは別名レインボークォーツとも呼ばれ、虹がよく表れる白いクォーツで、インドのデカン高原のアジャンタ石窟群からのみ発掘されるそうです。

また、中心部分の白く結晶しているものは鍾乳石(Stalactite)やホワイトエクリプスとも呼ばれています。まだまだ未解明な部分が多いため学術的な情報がなく、いろんな呼び名があるようですが、一般的にソーラークォーツとして流通しています。




ロマンチックな白い結晶を持つソーラークォーツ。雪のように見える結晶ですが、太陽のように丸く中心部から放射状に広がり光によく透けるため、ソーラークォーツと名付けられています。アゲートに石英(水晶)が同化しただけでこんなにも繊細で柔らかい雰囲気の石になるのかな?と思うので、アナンダライトと言う別の鉱物なのかなとも思います。アゲートも水晶も硬度が高いパワフルな石ですが、ソーラークォーツはまるでお姫様のように初々しく柔らかい光を持ちます。研磨されていない裏面は、トルマリンインクォーツの母岩部分とよく似た白さと質感です。少しひんやりしていてツルツルしています。

最近都内で巨大な雹が降った日がありましたが、雹を真っ二つに割るとソーラークォーツによく似た結晶が入っています。地中で形成されるソーラークォーツと大気中で形成される雹の結晶が同じ形をしているのはとても面白いと思います。

また、幾重にも広がった年輪の輪は、どこか惑星のように見えるのも不思議。ずっと見ていると子供の顔のような無邪気な表情にも見え、生命体の核となる魂のようなスピリットの原型のような気がしてしまいます。持ち主の心を和らげ、子供のように無垢な気持ちを教えてくれる石かもしれません。






Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石やアクセサリーを扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。

自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物や樹木、鉱物、ハーブやアロマテラビー、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

メール対応:月〜土
発送:月〜金
(夏季冬季休暇・祝日連休はお休み)

海外のお客様へ

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top