ソーラークォーツ Spining wheel インド産 38.8cts./ ルース・カボション

ソーラークォーツ Spining wheel インド産 38.8cts./ ルース・カボション

型番 SOL0719LS
SOLD OUT
   
瑪瑙の周囲にクォーツが形成されたソーラークォーツ

まるで雪の結晶のような白さと
太陽のようなサークル状の結晶を持ちます。

こちらは透明な雪だるまのようなルース
まるで車輪のように連結しています。
とてもクリアな美しさときれいな円形が魅力です。

透明な中にも虹の瞬きが見え、乳白色の透明感があるやさしさと穏やかさに溢れる石
厚みがありバランスが取れています。

表面は丸みがあり、裏面は平らになってます。
両面ともツルツルに研磨されています。



SOLAR QUARTZ

35x22x06mm

38.8cts./7.7g

インド産


DSC_1442_2018061521123818b.jpg


DSC_1443.jpg


DSC_1444.jpg


DSC_1446.jpg


DSC_1448_2018061521124761b.jpg


DSC_1450_20180615211248d77.jpg


DSC_1452.jpg


DSC_1454.jpg


DSC_1456_2018061521125421d.jpg


DSC_1457_2018061521125530d.jpg






ソーラークォーツは瑪瑙の周辺が石英化(クォーツ化)した石と言われていますが、アナンダライトという鉱物の中心部分をカットしたとも言われています。アナンダライトは別名レインボークォーツとも呼ばれ、虹がよく表れる白いクォーツで、インドのデカン高原のアジャンタ石窟群からのみ発掘されるそうです。

また、中心部分の白く結晶しているものは鍾乳石(Stalactite)やホワイトエクリプスとも呼ばれています。まだまだ未解明な部分が多いため学術的な情報がなく、いろんな呼び名があるようですが、一般的にソーラークォーツとして流通しています。




ロマンチックな白い結晶を持つソーラークォーツ。雪のように見える結晶ですが、太陽のように丸く中心部から放射状に広がり光によく透けるため、ソーラークォーツと名付けられています。アゲートに石英(水晶)が同化しただけでこんなにも繊細で柔らかい雰囲気の石になるのかな?と思うので、アナンダライトと言う別の鉱物なのかなとも思います。アゲートも水晶も硬度が高いパワフルな石ですが、ソーラークォーツはまるでお姫様のように初々しく柔らかい光を持ちます。

巨大な雹を真っ二つに割るとソーラークォーツによく似た結晶が入っています。地中で形成されるソーラークォーツと大気中で形成される雹の結晶が同じ形をしているのはとても面白いと思います。

また、幾重にも広がった年輪の輪は、どこか惑星のように見えるのも不思議。ずっと見ていると子供の顔のような無邪気な表情にも見え、生命体の核となる魂のようなスピリットの原型のような気がしてしまいます。持ち主の心を和らげ、子供のように無垢な気持ちを教えてくれる石かもしれません。






Group

About the shop

国内外の一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;

@stonemarbleshell






  
Top >