オワイヒー・ブルーオパール 渚の風景 13cts./ ルース・カボション

オワイヒー・ブルーオパール 渚の風景 13cts./ ルース・カボション

型番 OPL0190LS
SOLD OUT
   

オワイヒーオパールのルースです。

独特の淡い水色が特徴のオワイヒーオパール。
こちらオワイヒーオパールの中でも特別ブルーが濃いタイプ
ここまで濃いブルーは珍しくなってきます。

ブルーの青さだけでなく、遠くの海を見ているような風景にも見える逸品です。
見ているだけで癒されるような清々しい青。

こちらは光にかざすとなんと!全体が透過します。
一面濃いブルーなのに、光で透けるとはびっくり。


ピンク色に光る点があり、内部でオパールの遊色が生まれているようです。
画像にも表れています。

まるで青い海のような景色に海を渡るヨットの帆のようなカット
とてもロマンチックなルースです。

オワイヒーオパールは近年発見されたコモンオパール
アメリカのオレゴン州のオワイヒーという
インディアンの聖地にある水場(Sacred springs)で採れるブルーオパールです。

コモンオパールは石というより「石のようになった」物質なので
とても軽く質感もどこかプラスチックのような軽さがあります。



BLUE OWHYEE OPAL(蛋白石)

31x15x04mm

13cts./2.6g

アメリカ・オレゴン州オワイヒー産


DSC_1193_01.jpg


DSC_1192_01.jpg


DSC_1196_01.jpg


DSC_1197_01.jpg


DSC_1198_01.jpg





コモンオパールは透明度のないオパールで火山岩や堆積岩の隙間に熱水が沈殿して石化したもの、微生物などの有機体が石化したものがあります。キラキラとした遊色を持たないコモンオパールですが、硬い石なのにやわらかい雰囲気を醸しだす不思議な魅力がコモンオパールにはあります。石なのに柔らかい雰囲気を与えるため、持ち主をリラックスさせる働きがあるのかもしれません。

ボルダーオパールなどオパールの名産地であるオーストラリアや、ブルーオパールで有名なペルーなどが主産地です。オワイヒーブルーオパールのオワイヒーは、アイダホ州とオレゴン州を流れるオワイヒー川・オワイヒー湖のことでもあります。オワイヒーリバーはアメリカ有数の壮大な渓谷を持つ河川で湖を持ち、その近辺で採れるオワイヒーオパールはアイダホ州産だったりオレゴン州産だったりするようです。

オワイヒーオパールは空気にさらされたことで水分が蒸発し透明なものから不透明なものに変化したとも言われています。




どこか甘さが漂うかのようなオワイヒーオパールのブルー。ボルダーオパールのブルーを薄くしたようなオワイヒーオパールはやさしくとろけるようなスカイブルー色をしています。明るいスカイブルーというより少し寒色な涼しげなブルー。まるで大気圏の空のようで、エンジェライトやセレスタイトのような冷めたブルーを思い出します。

アメリカインディアンの聖地で発掘されるオワイヒーブルーオパール。古来より鉱物資源がある土地に人はやって来て住み着きます。セドナのように強い磁場を持つ場所だったり、原住民の土地はどこもそれなりの理由がある所ばかりです。オワイヒーオパールのような澄んだスカイブルーの石が埋まっているならば、そこを聖地にするのもわかりますね。

水色や青は喉のチャクラに対応しますので、こちらの石も首元のネックレスやペンダントなどのアクセサリーに適しています。

オワイヒーのブルーはビビットなブルーではなくて、藍色のような落ち着きがありながらやさしさのある青。
心を落ち着かせてくれながら、どこか叡智のようなものを授けてくれる気がします。






Group

About the shop

国内外の一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;

@stonemarbleshell






  
Top >