マホガニーオブシディアン(黒曜石) 黒い炎 25.2cts./ ルース・カボション

マホガニーオブシディアン(黒曜石) 黒い炎 25.2cts./ ルース・カボション

型番 OBS0607LS
SOLD OUT
   
赤茶色の成分が黒曜石に入ったマホガニーオブシディアン
とってもワイルド!

漆黒の闇のような黒に漆のような赤
とてもロックなビジュアルで、不動明王のような激しさとたくましさを感じさせる石です。

オブシディアンなのでガラス質。重厚な見た目とは裏腹に軽さがあります。

マクラメにぴったりな素材だと思うんですね
趣のある作品に仕上がるのではないでしょうか。

寒色やモノトーン系のファッションが増える秋冬にもぴったりなアイテム
メンズ向けにもいいでしょう。

傷などもなくきれいに研磨されてツルッツルです。





Mahogany Obsidian(黒曜石)

29x21x6mm

25.2cts./5g

インド(製造国)



DSC_2273_2018110800100225b.jpg


DSC_2271.jpg


DSC_2266.jpg


DSC_2265.jpg





火山流が冷えてガラスになったものが鉱物化したのが黒曜石(オブシディアン)です。石器時代から矢じりやナイフなど、破片が鋭利な形を示すので、物を切る道具として使われて来ました。ガラス質なので、黒いですがガラス光沢を持ちます。

石器時代から使用されていたことからわかるように、人類との関係がとても深い鉱物でもあります。オブシディアンの名前の由来は発見者のObsisから来ています。オブシディアンの鏡は水晶玉のように、霊能者のキーアイテムだったりします。未来を予言する力があると言われています。

マホガニーオブシディアンの赤色は溶岩の赤。酸化した鉄分が混ざり合ったものです。高級木材のマホガニーによく似た色から名づけられました。


<とmg src="//img21.shop-pro.jp/PA01337/488/etc/166-30.png?cmsp_timestamp=202609035343" alt="">

オブシディアンの名前は発見者から来ていますが、接頭語の「オブシ」”Obs”は、Obsession「妄想」やObstacle「障害」など、あまりいい意味を持ちません。真っ黒いこの石にどちらかというとネガティブな印象を与える言葉が付いているのも、とても偶然とは思えませんね。この石が有史以前から殺傷ツールに使われていた歴史を考えると、やはり人類の血生臭い記憶と切り離せないものがあるのかもしれません。

オブシディアンや溶岩など、火山流から生まれた鉱物は個人を超えた人類の集合的無意識にアクセスする力があるようで、それによって過去生からの因縁やトラウマの記憶が蘇ることもあるようです。やはり黒い色が示すとおり、必然的にヘヴィなものが多いはずで、それは私たちが歩んできた歴史でもあります。ネガティブな真実から眼を背けない勇気のある人が時空を超えて本当のことを知りたい時に、オブシディアンのような漆黒の闇を持つ石がナビゲートしてくれるのかもしれません。

男性的なエネルギーを感じさせるマホガニーオブシディアン。メンズ向けにもよいですし、炎のような赤が入ったマホガニーオブシディアンは熱さも感じさせます。男性性を象徴する火星のような熱とエネルギー。冷えの強い女性にとって寒さが始まる季節にいいアイテムなのかもしれません。








Group

About the shop

海外から取り寄せた一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間療法や民間伝承などなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ





;

  
Top >