ダイオプテーズ・カルサイト ダフタイト ナミビア・ツメブ産 8g/ 鉱物・結晶原石

ダイオプテーズ・カルサイト ダフタイト ナミビア・ツメブ産 8g/ 鉱物・結晶原石

型番 DPT0017SP
SOLD OUT
   
ダイオプテーズの産地で有名なナミビアのツメブ鉱山産のダイオプテーズです。
またツメブ鉱山で産出される黄緑色のダフタイト(ダフト石)とカルサイト共生を伴っています。

まるでエメラルドのジュエリーのようにキラキラ輝くダイオプテーズ
発色がよく結晶の形がきれいなのでファセットされたかのように光ります。
またピュアホワイトのカルサイトやライムグリーン色のダフダイトも可憐な雰囲気を加えています。

指先サイズですが輝きは逸品
宝石のように強い存在感があります。



Dioptase, Duftite and Calcite(翠銅鉱、ダフト石、方解石)

30x21x14mm

8g

Tsumeb mine, Namibia



DSC_2247_20190329020236827.jpg


DSC_2248.jpg


DSC_2250_20190329020238afe.jpg


DSC_2252_20190329020240748.jpg


DSC_2257_20190329020241d67.jpg


DSC_2260.jpg


DSC_2263_20190329020410380.jpg


DSC_2267.jpg


DSC_2271_20190329020413629.jpg


DSC_2277_20190329020415290.jpg


DSC_2278.jpg




初めて発見されたのは18世紀のカザフスタン。ロシアによって発掘され当時はエメラルドと思われていたそうです。ダイオプテーズの結晶がもっと大きかったらエメラルドに負けない代表的な宝石になっていたかもしれないと言われています。エメラルドに勝るとも劣らない深い翠色と輝きを持つダイオプテーズ。粒状で小さな結晶が多いですがとても人気がある石です。

カルサイトやリモナイト、ドロマイトやクォーツと共生し、名前の由来はギリシャ語のdiopsomai(通してよく見える)だそうです。

乱れた感情をなだめ精神を安定させ、高血圧を改善し体内の毒素を排出する働きがあると言われています。




深い翠色が麗しいダイオプテーズ。エメラルドのような輝きを持ちながら、エメラルドのように宝石として生まれ変わる使命を持たないこの石はとても人気が高く、その輝きもちょっと訳アリな、何かメッセージがあるような感じがしていました。「体内の毒素を排出する」というキーワードはこの石が何らかのトラウマに作用する関わりがありそうです。J・ドウ女史のリーディングでは、魂の裂け目=トラウマを象徴するとかなり強い表現で書かれています。過去世における人間関係や愛情関係によって生まれた深い傷が魂に裂け目を作り、何世代にも渡って今世に影響するとのこと。ダイオプテーズは何らかの排出すべき毒素(トラウマ)を抱えていることを象徴し、ダイオプテーズに魅かれる人がとても多いのはその解消のために生まれ変わっている人が多かったり、集合意識的にそのような問題を抱えていることを意味しているからだそうです。

時代の変わり目や地球環境の変化のタイミングでダイオプテーズが選ばれるのも、私たちが無意識にワークに取り掛かっているからかもしれません。








Group

About the shop

国内外の一品モノの天然石や鉱物を扱っているナチュラルプロダクツのセレクト・ギャラリー・ショップです。
自然が生み出したユニークな美品を、占星術、芸術、歴史、植物界、鉱物界、動物界、スピリチュアルやオカルト、民間伝承やヒーリングなどなど、オーナーのリーディングを交えてご紹介します。


Shop Open

営業日&発送:月〜金
メール対応:月〜土

夏季冬季休暇・祝日連休はお休み
発送はご入金の翌営業日(金曜日のご入金は月曜発送になります)

海外ヴィンテージ、ハンドメイド雑貨はこちらの姉妹ショップOLD SCHOOL#でどうぞ



;

@stonemarbleshell






  
Top >